体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【再現レシピ】「ケンタッキーフライドチキン」風のビスケットを自宅で!作り方をご紹介

「ケンタッキーフライドチキン」の人気商品を自宅で再現できちゃう!

有名店のあの味を自宅で再現してみよう!ということで、今回は「ケンタッキーフライドチキン」の人気商品ビスケットにトライ。ビスケットとパイの中間のような不思議な食感と、甘さ控えめの味わいが魅力の一品だ。パンやお菓子づくり初心者でも手軽に作れる簡単レシピだから、気軽に自宅でチャレンジしてみよう!ケンタッキー風のビスケット。お茶のおともにピッタリだ

外はサクッ!中はしっとりの生地に、特製シロップをかけ食べよう材 料 (2個分)

【ビスケット】強力粉=100gベーキングパウダー=小さじ2塩=2g無塩バター=30g牛乳=50ml

【ハニーメープルシロップ】三温糖=大さじ2水=大さじ1メープルシロップ=大さじ2ハチミツ=小さじ1作り方

①. バターを1cm角に切って、よく冷やしておく。「ケンタッキー」風ビスケットの作り方:1cm角に切った冷たいバターを用意

1cm角に切ったバターを用意する。ポイントはよく冷やしておくこと。冷たいバターがビスケット特有のサクッとした食感の層を作ってくれる

②. ボウルに強力粉、べーキングパウダー、塩を入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせる。
「ケンタッキー」風ビスケットの作り方:ボウルに入れた強力粉、ベーキングパウダー、塩を泡立て器で混ぜる。粉類を泡立て器で混ぜると、ふるいにかけるのと同じ効果がある

ボウルに入れた強力粉、ベーキングパウダー、塩を泡立て器で混ぜる。泡立て器を使うと、ふるいにかけるのと同じ効果がある

③. ②に①のバターを加えて、そぼろ状になるまで粉の中でバターを指で押し潰す。
「ケンタッキー」風ビスケットの作り方:粉の中で、冷やしたバターを指ですりあわせながらそぼろ状にする。溶けないよう手早く行おう

粉の中でバターを指ですりあわせながらそぼろ状にする。溶けないよう手早く行おう

④. さらに牛乳を加え、少し粉が残る程度まで手でまとめる。

⑤. 打ち粉をした台に④を置き、麺棒で伸ばしながら三つ折りにする。それを3回繰り返したら、2cmの厚さに伸ばす。

⑥. 丸型でくり抜き、中心もペットボトルのフタなどを使ってくり抜いてドーナツ状にする。

⑦. ⑥を天板に並べ、つや出しに卵黄または牛乳(いずれも分量外)を表面にぬる。200℃に予熱したオーブンで15分焼く。これでビスケットは完成!

⑧. ハニーメープルシロップを作る。小鍋に三温糖を入れて火にかけ、カラメル状になったら水を加えてよく混ぜる。メープルシロップ、ハチミツを加え、ひと混ぜして火を止める。冷めたら、焼けたビスケットにかけていただきます!生地作りのポイントはバターにあり!

軽く塩気の利いたビスケット生地は、サックリとした歯ざわり&しっとり感の両立がポイント。パイのように層ができる“腹割れ”状態を作るには、いかにバターを溶かさず成形までたどり着けるかがカギになる。バターが溶けた時は、その都度冷蔵庫で冷やして作業するとよいだろう。

今日のおやつにさっそく作ってみてはいかが?

監修:ヤナイユキコ(フードライター)
料理雑誌の編集、ライターを経て、出産を機にフリーのフードライターに。数々の料理取材、食べ歩きの経験を活かし食品メーカーのレシピ考案も行う。現在はママ向けサイトで料理記事などを執筆。育児中でもおいしいものを食べるため、日々料理に勤しんでいる

※このレシピは本誌が独自の見解で再現したものであり、実際のお店のレシピとは異なります。正しい味は、お店に行って確認を!

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

〔関連記事〕
▼【再現レシピ】ラーメン屋「天下一品」風のこってりラーメンを自宅でおいしく作るコツ
https://www.chintai.net/news/2018/05/07/27075/
▼【再現レシピ・レトロ喫茶編】「さぼうる2」の人気メニュー・大盛りナポリタンの再現にチャレンジ
https://www.chintai.net/news/2018/04/26/25858/

※「CHINTAI2018年7月号」の記事をWEB用に再編集し掲載していますあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。