体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

極上のジューシー感!ロティサリーチキン専門店「COSUGI LODGE(コスギロッジ)」が武蔵小杉にオープン

ヨーロッパの街角やマルシェでお馴染みの「ロティサリーチキン」。香ばしい香りとジューシーな肉汁がたまらない丸焼きのチキンですが、日本で本場の味を楽しめるお店はまだまだ少ないところ。しかしロティサリーチキンファン待望の専門店が今年4月、武蔵小杉にオープン!ご縁あって試食会に参加してきましたので、一挙にご紹介しましょう。
キャプチャ 武蔵小杉駅から徒歩約5分。パークシティ武蔵小杉ザ・ガーデン1Fにあるロティサリーチキン専門店「COSUGI LODGE(コスギロッジ)」。扉を開けるとそこはライブ感あふれるオープンキッチン。白と木目を基調としたスタイリッシュな空間ながらも、カジュアルで居心地いい雰囲気が漂います。
コスギロッジのオーナーは様々な「場」をクリエイトするデザイン集団「CreativeOutR」代表の成田冠さん。成田さんがヨーロッパでロティサリーチキンの美味しさに感動したものの日本で本場の味に出会えなかったため、「自分で作ってしまおう!」という想いからコスギロッジは誕生したのだそう。
キャプチャ 店内でひときわ目を引くのがこちらのテント。靴を脱ぐスタイルなので、子供連れのファミリーに大変好評を得ているのだとか。
キャプチャ
テントの中には薪を使ったお洒落なテーブルが。プライベート感たっぷりなので、カップルや女子会などの利用にもピッタリ。他にテーブル席やカウンター席もあります。
キャプチャ
キッチンで存在感を放つロティサリーチキン専用ガスオーブン。電熱式や業務用レンジオーブンと違い、遠赤外線で70分以上かけてじっくり焼き上げるのでチキンがふんわりジューシーに仕上がるのだそう。
キャプチャ
クラフトビールは、地元川崎の「ブリマーブルーイング」のエールや「パタゴニアプロジョンズ」が手がけるオーガニックビールなど常時5~6種を用意。仕事帰りにふらっと立ち寄ってチキンと一杯楽しむ、なんてスタイルもいいですね。
キャプチャ キッチンにはちょうど焼き上げられたばかりのロティサリーチキンが鎮座。香ばしい香りが一気に漂います!

キャプチャ
コスギロッジのメニューを監修するのは世界100人のシェフにも選ばれた、「Zero Milano」の篠原秀和シェフ。この日は篠原シェフ自らが直々にロティサリーチキンをカット。
キャプチャ  フルサイズのロティサリーチキン(2~4人向け)「3,800円」うっとりするほどの香ばしい焼き色!国産ハーブ鶏にオリジナルシーズニングを擦り込んで寝かせたというだけあり、スパイスの芳醇な風味が抜群。
キャプチャ
フルサイズのチキンにはオリジナルソース3種がセットに。左から柚子のジュレ、卵ワサビ、ごぼうバルサミコ。もも肉はソースなしで、ムネ肉はソースと一緒にいただくのがオススメなのだそう。
キャプチャ
ハーフサイズ(1~2人向け)「2,000円」2人向けですが、骨付きもも肉は一つなのでぜひ1人でいただきたいところ。ちなみに筆者は女ですが余裕で完食しましたよ。(ついでにおかわりも…)
キャプチャ 
香ばしく焼かれた皮はパリッと感が絶妙!スパイスの様々な香りと鶏肉のジューシー感が織り成し、巷のローストチキンとの違いが歴然とわかります。パサつきがちな鶏肉ですが、遠赤外線でじっくりと焼かれているのでしっとりした仕上がりに。その分旨味が凝縮され、口の中で濃厚な肉汁が溢れ出します!
キャプチャ
生ハムとマスカルポーネ季節のフルーツ「1,380円」生ハムは本場イタリアで最高峰とも言われるサンダニエレ産のもの。マスカルポーネとピーナッツバターという意外なコンビネーションですが、甘味と塩味が見事にマッチ。大人だけでなく子供も楽しめそうな前菜です。
キャプチャ
ビーツのマッシュポテト「780円」ビーツの色が溶け込んだ鮮やかなマッシュポテト。ジャガイモのホクホク感となめらかな舌触りが秀逸!トッピングのディルの香りも絶妙なアクセントに。 キャプチャ
抗酸化野菜のグリーンサラダ「1,280円」使われる野菜は土を使わずに栽培した、完全無農薬で育てられたもの。一般的な野菜よりミネラルが多く、抗酸化力が高いのが特徴なのだそう。どの野菜も味が極めて濃厚。苦味がありながらもえぐみが少ないので、食べやすいのも魅力。シンプルにオリーブオイルや塩をいただくことで、素材の良さを存分に楽しめます。
キャプチャ
川崎産モリモリ卵のコスギカフェプリン「500円」川崎市高津区にある「森正養鶏場」のモリモリ卵を使ったプリン。
キャプチャ
トロッとした舌触りで、なめらか感が抜群。卵の濃厚なコク、バニラビーンズの香り、ほろ苦いキャラメルソースが最高のハーモニーを奏で、至福の味わいに。食後のデザートにオススメ!
じっくり焼き上げられた極上のロティサリーチキンをはじめ、素材にこだわった前菜やデザートメニューが充実の「コスギロッジ」。家族でゆったり過ごしたい時、クラフトビール片手に友人と寛ぎたい時にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

1 2次のページ
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。