体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「幸せな牛のミルク」から生まれたシュークリーム|たったひとつを叶える旅 <2>

「幸せな牛のミルク」で出来たシュークリーム たったひとつを叶える旅 <2>

旅の目的は「たったひとつ」で良い

旅の目的は「たったひとつ」が潔いと思いませんか。
あれもこれもと盛りだくさんは、大人には野暮というもの。情報が氾濫している現代だからこそ、余計なものは削ぎ落として、自分の「たったひとつ」を選び取るのが粋。旅の荷物はシンプルに、期待だけを詰めて。

私たちがまだ訪れたことのない、未知の場所や絶景。
笑顔で迎えてくれる、あたたかい地元のひと。
生産地ならではの、新鮮で美味しいもの。

珠玉のように散らばる日本各地の魅力を発信する「ONESTORY(ワンストーリー)」。「ONE=1ヵ所」を求めて日本を旅するメディアから、私たちの「たったひとつ」が見つかりそうです。

スイーツには夢がいっぱい詰まっている

大人になっても、スイーツに求めるのは夢。

心をとろけさせる甘さ。
ふんわりした食感。
甘い香り。
ちいさな贅沢。

スイーツにはワクワクするような夢が、たくさん詰まっていて欲しいものです。今回は、私たちの夢を叶えてくれるシュークリームを見つけました。

「幸せな牛のミルク」で出来たシュークリーム

「幸せな牛のミルク」で出来たシュークリーム たったひとつを叶える旅 <2>
北海道ニセコにある「お菓子のふじい」のシュークリームは、「幸せな牛のミルク」から出来ています。「幸せな牛のミルク」とは、喜茂別町「牧場タカラ」でのびのびと育った放牧牛から絞る、コクがあって濃厚なミルク。牧場名の「タカラ」とはアイヌ語で「夢を育む」という意味だそうです。素敵な名前尽くしのミルクから出来たシュークリームを食べたら、良いことがありそうな気がしますね。

賞味期限は「1時間以内」!?

シュークリームは出来立てのサクサクを食べて欲しいから、「1時間以内に召し上がれ」が謳い文句。購入時にカスタードクリームを詰めてくれるので、あなたのための新鮮なシュークリームが出来上がります。シュー皮はサクサクに焼きあがっており、カスタードクリームはトロッと柔らかくミルク感が濃厚。

「ため息の出る美味しさ」、「東京では食べられない、北海道の味」、「シュー皮とカスタードクリームの対比が印象的」とファンが多数。やさしい甘さは男性にも好評です。

小麦粉・ミルク・たまごは全て地元素材を使っているのも嬉しいですね。お店では、やはりシュークリームが一番人気です。

大人だからスイーツが好き

酸いも甘いも知っている大人だからこそ、スイーツの甘さに惹かれますね。北海道のニセコまで行かないと食べられない、夢と幸せが詰まったシュークリーム。

人生のほろ苦さに口寂しさを感じたら、シュークリームを求めに行きましょう。手に入れて1時間以内に食べないと、幸せの魔法が解けてしまうことをお忘れなく。

今回のたったひとつは、北海道ニセコの「幸せな牛のミルク」で出来たシュークリーム。あなたも心を惹かれたことでしょう。私たちが旅へ向かわずにいられないのは、日常で求められない「たったひとつ」に出逢うためかもしれませんね。

■もっと知りたくなったら

ONESTORY(ワンストーリー)
かわいくて、硬派。この町でしかできないやり方を追究する、小さなお菓子やさん。[お菓子のふじい/北海道虻田(あぶた)郡]

お菓子のふじい
住所 : 〒044-0051北海道虻田郡倶知安町北1条西3-41
電話:0136-22-0050
営業時間:8:30~19:00
休日:火曜
公式サイト:https://sweets-fujii.com

「幸せな牛のミルク」から生まれたシュークリーム|たったひとつを叶える旅 <2>
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。