体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロジェール『Cubo』で旅がグンと快適に!オシャレで多機能なキャリーケース

スーツケースは、たっぷり荷物が入って、使いやすく、頑丈であることが大前提。それらの必要な機能をさりげなく兼ねそろえ、なおかつデザインのセンスがキラリと光るのがロジェールの『Cubo(キューボ)』だ。

シンプル・リュクス・高機能3拍子揃った『Cubo』で旅慣れた雰囲気を演出

どうしてもデザイン性が後回しになってしまうスーツケースであるが、旅の装いをグンと格上げしてくれそうなラグジュアリー感漂う『Cubo』は、ロジェールジャパン株式会社(東京都千代田区)から販売中の人気商品だ。

ロゴをリニューアル。緑基調だった旧ロゴから、ブラック基調に。

 

ロジェールは、1991年に日本で創業。海外で人気ブランドとなり、日本に逆輸入するような形で売り出された異色の背景を持つ。現在30か国以上に展開しているロジェールは、さらなるブランド拡大を見据えてロゴを刷新。今後、さらなる成長が見込まれるブランドだ。

大きな靴箱もすっぽりと収まる大容量。これでSサイズだから驚き

まず、スーツケースを開いてみると、フラップトップで驚くほどフタが軽い。狭い場所でも荷物の出し入れがしやすく、念入りなパッキングが完了したあとで、もう一度荷崩しをしなければならない場合も、簡単に開くことが出来るのもうれしい。裏地は、光沢のあるシャンパンベージュで高級感が漂う。

こんなにマチが広がる!

そして、思わず人に自慢したくなるのが、真ん中のジッパーを開くとマチが広がる機能。

スーツケースはS、M、L、LLの4サイズだが、それぞれ5L~10L分の容積をアップさせることができる。旅行や出張中に荷物が増えても安心だ。

縦開きのポケットはSサイズのみの仕様

今回お試ししたSサイズの『Cubo』は、PCも収納できるクッション性の高いポケットを搭載。空港の待ち時間にメールをチェックしたり、ノートや手帳もさっと取り出せて便利。さらに、中のジッパーから、メインポケットにもアクセスできるため、スーツケースを立てたまま荷物を取り出すこともできる。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。