体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1日20食限定! チャーシューがとろける絶品シンガポール汁なし麺

1日20食限定! チャーシューがとろける絶品シンガポール汁なし麺
J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「7-ELEVEN LUNCH HUNTER」。この週は、『東京ウォーカー』おすすめのアジア麺を大特集! 5月29日(火)のオンエアでは、今年2月にオープンしたシンガポール料理専門店「楽堂」をピックアップしました。

紹介してくれたのは、『東京ウォーカー』編集長、嶋村光世さん。

嶋村:今回紹介するのはワンプレートランチで、「ワンタン焼豚麺(季節の野菜添え)」980円のセットです。麺にピリッと辛い自家製ソースを絡めて食べます。

表参道駅から徒歩3分。骨董通りの建物地下1階にお店はあります。シックなインテリアでまとめられた店内は天井がとても高く、地下を感じさせない開放的な空間です。

DeVSie4U0AA1JTm.jpg DeVSjcNU0AEqEzB.jpg

このメニューは、楽堂のマネージャーが8年シンガポールに在住していた間、毎日のように食べていたメニューだそう。「シェフに頼み込んで、このメニューを絶対にやりたいとお願いして、今回提供できることになりました。おかげさまでランチタイムはダントツの1番人気です」とのこと。

汁なしタイプで、細麺にソースが絡まっていて、その上に焼き豚ブロックが3つ。結構分厚くテリっと焼かれています。そしてツルツルのワンタンと野菜がその周りをぐるっと囲んでいます。1日20食限定で、このメニューを求めて連日多くのお客様が訪れます。

DeVShJ4U0AAUIvo.jpg

どんな料理なのか、副料理長に訊きました。

副料理長:チャーシューメンはシンガポールでは日本のラーメンみたいな感じで、店によって独自の味付けです。うちはごく細の卵麺を使っています。こちらの麺はタレを絡めて、スパイシーさもあり甘めでもあり、いろんな調味料のハーモニーが合わさった美味しいソースになっています。あとチャーシューですが、シンガポールのチャーシューは本当に柔らかくて、口の中でのとろけ感がすごいんです。脂身と赤身のバランスが重要なので、部位を厳選しています。

チャーシューは、2時間以上をかけて作られているそうです。

表参道にお立ち寄りの際は、ぜひ試してみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時ー13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。