体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

㈱ドウシシャ『甲子園 塩はちみつレモン』炎天下の甲子園でグラウンドでもスタンドでも飲みたいドリンク登場!

今年の「夏の甲子園」は第100回の記念大会。出場枠が増えて、史上最多の56代表校がしのぎを削る“熱い”大会になりそうだ。プレーや応援が熱いのは大いにけっこうだが、炎天下で熱中症になってしまうのはいただけない。そんな熱中症対策には、「阪神甲子園球場」承認ドウシシャ『甲子園 塩はちみつレモン』が最適だ。昨年発売されて好評の『甲子園 エナジードリンク』と一緒に“甲子園に連れてって”!

大量の汗をかいたら塩分と水分を適切に補給せよ!

昨年発売されて好評の「甲子園 エナジードリンク」(左)と、新発売の「甲子園 塩はちみつレモン」(右)

株式会社ドウシシャ(大阪市中央区)の『甲子園 塩はちみつレモン』(500ml・希望小売価格 税抜150円・発売中)は、レモンの酸味とはちみつの甘味、食塩の配合をバランスよく仕上げた清涼飲料水。大量の汗をかいたときに、素早く水分と塩分を補給できる。

 

昨年発売された「甲子園 エナジードリンク」は、エナジードリンクの訴求成分であるアミノ酸のアルギニンを225mgも配合し、好評の商品。阪神電気鉄道株式会社とライセンス契約を締結した商品のため、パッケージや商品名に「甲子園」と名付けることができるのが大きな特徴だ。


「阪神甲子園球場 承認」というマークが入ったライセンス商品。もちろん、新発売の「甲子園 塩はちみつレモン」も同じ

今年の夏(2018年8月5日開幕予定)に行われる「全国高等学校野球選手権」は第100回の節目。これを記念して、今年は史上最多の56代表校が出場する。例年以上に激戦が予想され、“熱い”戦いが繰り広げられることは間違いない。

 

「甲子園 塩はちみつレモン」飲んでみた

それでは、さっそく試飲してチェックしてみよう。まずは「甲子園 塩はちみつレモン」から。

原材料名表示をチェックしてみると、レモン果汁とはちみつ、食塩がバランスよく配合されており、夏場に人間の体から失われがちの水分と塩分を素早く適切に補給できることがわかる。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。