体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

また帰ってきたくなる東京の離島!山と海どちらも堪能できる魅惑の「神津島」

リピートしたくなる東京の離島!山と海どちらも堪能できる魅惑の「神津島」
東京から南へ178km。そこには伊豆七島ひとつ神津島があります。奇岩や断崖絶壁、日本一に選ばれたこともある透明度バツグンの海、砂漠や池がある豊かな情景の天上山・・・。散策すればするほど神津島の持つ神秘性に魅せられていきます。いにしえに、7人の神々が集まり伊豆諸島を創造したという伝説が残っているのも納得です。今回は、そんな美しい離島、神津島を現地リポート。

神津島へはどうやって行く?アクセス方法は3つ

リピートしたくなる東京の離島!山と海どちらも堪能できる魅惑の「神津島」
神津島へのアクセス方法は3つあります。一つ目は、東海汽船の大型客船に乗り、12時間かけて行く方法です。この方法だと、22時に竹芝客船ターミナルを出航し、翌朝10時に神津島に到着します(5月現在)。

二つ目の方法は、東海汽船のジェット船で行く方法です。この方法なら、竹芝客船ターミナルから神津島まで、4時間(平日は3時間45分)で到着します。

しかし、移動時間をできるだけ短くしたいのなら、調布空港から新中央航空の飛行機で神津島へ行くことも可能。片道大人15,300円と割高ですが、45分で神津島に到着しますよ。

【神津島までの移動費】
大型客船::片道6,340円(2等)
ジェット船:片道9,770円
飛行機:15,300円(往復27,800円)
なお、大型客船とジェット船は3日前までにインターネット予約すると繁忙期15パーセント、通常期20パーセント割引で乗船できます。割引について詳しくはこちらをご覧ください。

ほとんど揺れない! 快適なジェット船での航海

リピートしたくなる東京の離島!山と海どちらも堪能できる魅惑の「神津島」
筆者はジェット船で神津島へと向かいました。4時間の航海はあっという間。ジェット船はほとんど揺れることもなく、まるで安定飛行中の飛行機に乗っているようでした。船内にはトイレもあり、飲み物をセーブせずに飲めるのも、個人的には嬉しかったです。お酒を楽しんでいる方もいましたよ。また窓側の席なら、途中で寄港する大島・利島・新島・式根島の景色もよく見えます。

新鮮な海の幸を堪能できる「よっちゃーれセンター」

リピートしたくなる東京の離島!山と海どちらも堪能できる魅惑の「神津島」
神津島に到着して、宿に荷物を置き、まずは腹ごしらえということで「よっちゃーれセンター」の食堂へ。迷うことなく、海鮮ヅケ丼定食(1,000円)をオーダーしました。窓の外には前浜海岸を望めます。

10分ほどで海鮮ヅケ丼定食が運ばれてきました。お味の方は、魚は鮮度バツグンで美味しく、やや甘めのタレとの相性もバッチリ。明日葉の天ぷらもサクサクで香ばしかったです。ボリューム満点な定食で、お腹がいっぱいになりましたよ。

よっちゃーれセンター
住所:東京都神津島村神津島港内
電話番号:04992-8-1342
営業時間:通年営業11:00~14:00
火曜日(夏季シーズン・年末年始無休)

飛び込み台もある、熱帯魚と泳げる「赤崎遊歩道」

リピートしたくなる東京の離島!山と海どちらも堪能できる魅惑の「神津島」
お腹を満たしたところで、次に向かったのは「赤崎遊歩道」。神津港からバスで約15分(料金200円)で到着します。この日は風が強く、誰も泳いでいる人はいませんでしたが、5月でも風のない夏日にはたくさんの人たちが泳ぎに来ていると、島の人が教えてくれました。

1 2 3 4次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。