体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

来年、130年ぶりの大改訂!「新しい1キログラムの測り方」は何が変わる?

来年、130年ぶりの大改訂!「新しい1キログラムの測り方」は何が変わる?
J-WAVEで放送中の番組『GROWING REED』(ナビゲーター:岡田准一)。5月27日(日)のオンエアでは、計量標準総合センター長の臼田 孝さんをゲストにお迎えし、2019年に基準が変わる「1キログラムの測り方」をテーマにお話を伺いました。

臼田さんは世界の科学者18名からなる国際度量衡委員会のメンバーの1人で、重さや長さなど測量の基準に関する科学的な取り決めをする重要な役割を担っています。まずは、4月に出た臼田さんの最新著書『新しい1キログラムの測り方 科学が進めば単位が変わる』のタイトルにもなっている「新しい1キログラムの測り方」について訊きました。

■体重はどうやってはかる?

臼田:岡田さんは格闘技をやられているので体重をすごく気にされていると思いますけれど、体重計ってどうやって「60キロ」とか「70キロ」とか出していると思われますか?
岡田:何かと比べて何個分とか……?
臼田:おっしゃるとおりです。なんでもそうですけど「測る」というのは、身長が1.75メートルということは「1メートルの1.75倍」ということですよね? 体重が65キログラムというのは、「1キログラムの65倍」。元になる1キログラムとか1メートルという基準が必ず最初にあって、それとの比較で重さを、正確には質量ですけど、みんなで共有できるわけです。その基準が変わるのが来年ということで、それを象徴的に「新しい測り方」というタイトルにしました。
岡田:それって革命的というか、「今まで1キロはこれだよ」といっていたものが変わるって、すごいことですよね。
臼田:そうですね。ただし誤解していただきたくないのは、岡田さんの体重、世のどなたの体重も、今日測った肉の重さも、今と改定後では変わりません。

「新しい1キログラムの測り方」を知る前提として、「これまでの測り方」について臼田さんに解説していただきました。

今の質量の1キログラムは、パリにある「国際キログラム原器」というものを基準にしています。メートル法がフランスで作られたときに、長さと重さの単位が決められ、キログラムも誕生しました。1キログラムは、パリにある国際キログラム原器が1889年に作られ、「これを1キログラムにしよう」と世界で決めました。なので体重が65キロということは、この国際キログラム原器が65個分ということになります。

1キログラムは、日常的に使いやすい重さの単位として、「水1リットル分に相当する質量」として決められました。ちなみに1リットルは、1メートルの10分の1=10センチ立法の升に入れられた水を1リットルとしましたが、水は温度によって膨張したり蒸発するので、それに相応するものを金属で作り、1キログラムが決められ、今日まで使われてきたのだそうです。

■キログラムの改定について…何が変わる?

2012年から国際度量衡委員会の18人の1人となった臼田さん。委員は各国の有識者の推薦や立候補で決められ、国籍の違う18カ国の委員が選ばれます。キログラムの改定に関しては、臼田さんが加わる前から議論を続けていたそうです。質量の何が変わるのか、変えるに至った事情について伺いました。

岡田:変わるといっても、今の63キロは2019年になっても63キロで変わらないとおっしゃっていました。その変化は微々たるものなんですか?
臼田:全く変わらないように、極めて慎重に質量の基準を変えるということになります。決まりごとを変えるということになります。
岡田:それは何が変わるんですか?
臼田:それが大事なことなんですけど、パリにある国際キログラム原器のそもそもの基準がもし不安定で、質量が変わっていたとしたらどうなりますか?
岡田:錆びたりとか?
臼田:錆は幸い発生していないようなんですけど、実はその原因はよくわかってないんですが、この世界にひとつしか無い分銅「国際キログラム原器」。これと同じときに同じように作った兄弟、姉妹たちがあって、それらを比較してみると段々ズレてきてるんです。おそらく空気中の蒸気とか不純物が付着したり、使うとき、測りにのせるときに容器から出して洗うんですね。もしかしたら増えているかもしれないし、洗ったときに何かが剥がれて減っているのかもしれない。その理由はわからないんですけど、同じ時期に作られた兄弟、姉妹と比べると、100年間で指紋1個分くらい、1億分の5くらいなんですけど、そのくらいの違いが認められたんです。作った当時は予想できなかったズレが起きているし、そのズレが当時と違うハイテク社会においては問題になってきたということになるわけです。
岡田:原子レベルで話をすると、だいぶ色々な原子がくっついていく世界を僕らは知ることができるようになっているから、誰もわからない変化でも微妙なズレが大量な原子を測れるようになったりとか……。
臼田:おっしゃるとおりですね。本のタイトルにもあるように「科学が進むことによって単位が変わった」ということになるわけです。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。