体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android Oreo(Go版)やAndroid Oneの「Nokia 2.1」「Nokia 3.1」「Nokia 5.1」が登場

HMD Global は 5 月 29 日、ロシア・モスクワで大規模なイベントを開催し、バリューセグメントをターゲットにした新型 Android スマートフォン「Nokia 2.1」、「Nokia 3.1」、「Nokia 5.1」を正式に発表しました。
この 3 機種はどれも昨年発売された Nokia 2 / 3 / 5 の後継モデルで、名前は少し変わっていますが、呼び方はそのままです。
新 Nokia 2 / 3 / 5 というのが正しい呼び方となるようです。
また、Nokia 2.1 は Android Oreo(Go Edition)を搭載しており、Nokia 3.1 と Nokia 5.1 は Android One ファミリーの一員として展開されます。
スペック的にはエントリー ~ ミッドレンジモデルに位置づけられますが、価格は $220 未満と安く、それでいてピュアな Android を搭載した機種は殆どなく Android ファンへの訴求力は高い思います。
Android Oreo(Go Edition)や Android One を採用する利点はシンプルさだけでなく、不要な機能が少ないのでセキュリティ的でも比較的有利で、迅速なアップデートも保証されているのでアフターサポートの面でも満足度は高いと思います。
なお、上記の 3 機種は Android P へのアップデートも約束されています。
Nokia 2.1 は、Android Oreo(Go Edition)を搭載したエントリーモデルで、5.5 インチ HD ディスプレイ、Snapdragon 425 プロセッサ、1GB RAM 4,000mAh の大容量バッテリー、ステレオスピーカーを搭載しています。
価格は $115 で、7 月に発売されます。
Nokia 3.1 は 5.2 インチの 18:9 ディスプレイ(HD+ 解像度)を採用したコンパクトサイズのエントリーモデルで、MediaTek MT6750N 1.5GHZ クアッドコアプロセッサや 2/3GB RAM、背面に 1,300 万画素カメラ、2,990mAh バッテリー、USB Type-C コネクタを搭載しています。
価格は €139 で、6 月に発売されます。
Nokia 5.1 は 5.5 インチの 18:9 ディスプレイ(FHD+ 解像度)を採用したミッドレンジモデルで、MediaTek MT6755S 2.0GHZ オクタコアプロセッサや 2/3GB RAM、背面に 1,600 万画素カメラ、3,000mAh バッテリー、USB Type-C コネクタを搭載しています。
価格は €189 で、7 月に発売されます。
HMD 社はまた、既存の Nokia 6(2018)や Nokia 7 Plus、Nokia 8 Sirocco がまもなく Google の ARCore をサポートすることも発表しました。
Source : Nokia(Nokia 2.1)(Nokia 3.1)(Nokia 5.1

■関連記事
夜盲症の私に光をもたらす HOYA MW10 HiKARI の購入者レビュー
HTC、HTC U12+の新機能丸わかり動画を公開
Android版DAZNに配信開始をプッシュ通知するリマインダー機能が追加

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。