体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パナソニック、Android 8.1 Oreoを搭載した新しい5インチ端末「TOUGHBOOK FZ-T1」を発表

パナソニックは 5 月 29 日、堅牢ボディが特徴の TOUGHBOOK ブランドから Android 8.1 Oreo を搭載した 5 インチ画面の新モデル「TOUGHBOOK FZ-T1」を発表しました。
TOUGHBOOK FZ-T1 はスマートフォンサイズの持ち運びやすいデバイスなので、物流、小売、医療等の移動の多い業務に向いており。
今作ではバーコードリーダーや NFC リーダー/ライター(Type-A / B、FeliCa)が内蔵され、用途の幅が拡大しました。
外観も従来モデルより近代的なデザインです。
また、今作では Wi-Fi モデルの他に 2 種類の LTE モデルが用意され、NTT ドコモと KDDI の SIM カードを使用することができます。
LTE モデルは VoLTE 通話にも対応しています。
TOUGHBOOK FZ-T1 の頑丈さは素晴らしいものです。
IP68 レベルの防水・防塵や MIL-STD-810G の耐振動基準に準拠しており、-10℃ ~ 50℃ までの温度環境で使用できます。
また、パナソニックは 1.5m からの連続落下や 80cm の高さからの鉄球落下試験も実施しています。
スペック面では、5 インチ 1,280 x 720 ピクセルの液晶、Snapdragon MSM8909 1.1GHz クアッドコアプロセッサ、2GB RAM + 16GB ROM、背面に 800 万画素カメラ、3,200mAh バッテリー、拡張ポートを搭載しており、Wi-Fi a/b/g/n、IEEE802.11r、Bluetooth v4.2 等に対応しています。
TOUGHBOOK FZ-T1 の発売時期は 2018 年 10 月の予定です。
Source : パナソニック

■関連記事
MAMORIO SpotがJR東日本の駅落とし物預かりセンターに設置開始
MediaPad M5とMediaPad M5 Proが国内で発売開始
OnePlus 5/5TにOxygenOS 5.1.2へのアップデートが配信開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。