体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モデル末期の現行BMW 3シリーズ(総額100万円台)がちょっとお買い得すぎる件!

▲キリリとした「目力」も印象的な現行BMW 3シリーズ。新車で買うとなると総額500万円以上になる場合が多い車ですが、その低走行中古車が今、ちょっとした国産車程度の予算で狙えてしまうのです

走行2万km台までの物件でも総額100万円台

BMWやアウディ、あるいはメルセデス・ベンツなどの「ちょっといい感じの欧州車」にそろそろ乗り替えてみたいと考えている30代から40代ぐらいの人、決して少なくないと思います。

しかし同時に、こうも考えているかもしれません。

「とはいえ潤沢な予算があるわけでもない。かといって、安価な予算でイケる古めの中古車は好きじゃない」

……お気持ちはわかります。しかしそうなると、選ぶべきは必然的に「新車か、あるいは高年式中古のBMWやアウディ、またはメルセデス・ベンツ」となるわけで、そういったカテゴリーの車というのは端的に言って「高い」ものです。簡単に手が出せるものではありません。

ですが今、そんなあなたにぜひ知っておいていただきたい「かなりお買い得な、ちょっといい感じの欧州車」がひとつあります。

それは現行BMW 3シリーズです。

▲こちらが2012年1月に登場した現行BMW 3シリーズ。何種類かのパワートレインがありますが、基本となるのは最高出力245psの2L直4ツインパワーターボエンジン+8速ATとの組み合わせです ▲グレードやパッケージオプション、年式などにより細かな違いはありますが、現行3シリーズのインテリアはおおむねこのようなデザイン。シャープな硬質感と上質感とが見事に融合したテイストと言えるでしょう

ご承知のとおりBMW 3シリーズは、ミドルサイズのプレミアムサルーンとして世界の大定番となっているステキなドイツ車。そしてステキなドイツ車ゆえに、新車価格は431万~850万円となかなかお高いです。オプションなども含めた総額は当然ながらさらにお高くなるでしょう。

しかしその走行2万km台までの中古車は今、「総額100万円台」で十分狙えてしまうのです。……なんともお買い得じゃありませんか!

ただ、そろそろフルモデルチェンジとなるのは必至

具体的には総額約160万~約220万円ぐらいのレンジで、走行1万km~2.9万kmの2012~2015年式現行3シリーズが狙えるイメージです。

この条件に該当するグレードは主に320i(ガソリンの2L直4ターボエンジンを搭載するグレード)の前期型となりますが、ディーゼルターボを搭載する320dの低走行物件も、最近はこのレンジで狙えるようになってきました。

また数は少なめですが、セダン以上に人気が高いツーリング(ステーションワゴン)も、一部の低走行物件が総額100万円台に突入しています。

▲こちらはセダンより少々高めの相場となる現行3シリーズツーリング。ラゲージルームの容量は旧型より+35Lとなる495Lで、テールゲートは自動開閉機構付きです

「新車で買うとなると総額500万円は下らない世界的サルーンが100万円台」というのは、かなりおいしい話なのではないかと思います。

が、おいしい話には当然「裏」というか、それなりの「理由」があるものです。

この場合のそれは、ひとつは「低走行物件とはいえ、誰かが以前乗っていた中古品だから安い」ということ。まぁこれは当然の話なので、今さら言うべきことはありません。「走行1万kmとか2万kmとかの中古車なら、いわゆる使用感は薄い場合が多いですよ」とだけ申しておきます。

そしてもうひとつの重要な理由が、「モデル末期だから安い」ということです。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。