体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MediaPad M5とMediaPad M5 Proが国内で発売開始

Huawei ブランドの Android タブレット「MediaPad M5」と「MediaPad M5 Pro」が 5 月 18 日に国内で発売されました。
MediaPad M5 / M5 Pro は昨年発売された MediaPad M3 シリーズの後継モデルで、8.4 インチ画面の MediaPad M5 と 10.8 インチ画面の MediaPad M5 Pro(Wi-Fi モデルのみ)が用意されています。
MediaPad M5 には Wi-Fi 版と LTE 版があり、LTE 版は SIM フリーで販売されています。
価格は、MediaPad M5 Wi-Fi が 37,800 円 + 税、その LTE 版が 45,800 円 + 税、MediaPad M5 Pro が 54,800 円 + 税です。
MediaPad M5 シリーズは、デザインと画面サイズを刷新しており、これまでの MediaPad シリーズの中でも最もパワフルなスペックになり、MediaPad M シリーズの特徴であるオーディオ・ビジュアル機能も着実に進化しています。
MediaPad M5 シリーズは 2.5D ガラスパネルをフロントパネルに採用しており、ClariVu 5.0 の映像画質補正機能や Huawei Histen テクノロジと呼ばれる Huawei によって考案された 3D オーディオ機能も導入されました。
これにより、MediaPad M5 シリーズでは Harman / Kardon によってチューンされたステレオスピーカーでハイレゾ音源の再生も可能になっています(8.4 インチモデルは 2 スピーカー、10.8 インチモデルは 4 スピーカー)。
MediaPad M5 Pro にはタスクバーやファイルマネージャーにより Windows ライクな使い方ができる「Desktop Mode」や、別売キーボードを着脱できる Pogo ピンも装備しています。
さらに、「HUAWEI M-Pen」と呼ばれる 4,096 段階で筆圧を識別する専用スタイラスに対応しており、これにより Galaxy Note シリーズのような手描き入力が可能です。
Source : Huawei

■関連記事
MAMORIO SpotがJR東日本の駅落とし物預かりセンターに設置開始
OnePlus 5/5TにOxygenOS 5.1.2へのアップデートが配信開始
視覚障害者向けの点字スマートウォッチ「Dot Watch」が登場

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。