体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高級ワインをお得に試飲!メンドーサの「ワイナリー巡り」が至福すぎた

高級ワインをお得に試飲!メンドーサの「ワイナリー巡り」が至福すぎた

こんにちは。TABIPPOライター、オトナフォトジェンヌほさかまきです。

アルゼンチンはワインが安くて美味しいって知っていますか?特にメンドーサ州はアルゼンチンワインのシェア70%を占める、ワインの一大産地なのです。

お酒はあまり強くないけれどワイン好きな私は、メンドーサでは自転車でワイナリー巡りができると聞き、メンドーサ行きを決意しました。(※アルゼンチンでは飲酒後の自転車運転は合法です。)

 

メンドーサとワイン

メンドーサで作られているワインは赤ワインが多いです。特にマルベック(Marbec)というブドウの品種が有名で、世界の栽培面積の90%近くをアルゼンチンが占めています。

マルベックはしっかりとした味なので、アルゼンチンの肉料理と見事なマリアージュを楽しめます。

旅をしていて思ったことの一つに、その土地固有の食べ物と飲み物はマッチするということがあります。自然の妙ですよね。

マルベックの他にも、カベルネ・ソービニヨン、メルロー、シャルドネなども栽培されています。

 

1. Maipu

メンドーサからバスで50分ほど東にあるMaipu。ここにはワイナリーが数多くあり、自転車でワイナリー巡りといったらこの地区に行くのがおすすめです。

スペイン語でワイナリーはボデガ(Bodega)と言います。基本的に予約は不要で、見学ツアー試飲込みで目安200ペソ程度です。

ワイン博物館を併設しているボデガ・ラ・ルラル(Bodega La Rural)、日本でも手に入りやすく、よく知られているボデガ・トラピチェ(Bodega Trapiche)、併設レストランの評判がいいと紹介されたMeviなど、到底回り切れないほどたくさんのボデガがあります。

私は友達のInstagramを見て気になったTempus Albaと、サイクリング中に見つけたVina El Cernoという2つのボデガを見学しました。

もっとたくさん試飲したかったのですが、これ以上飲んだら自転車で転んでしまいそうだったので、思い止まりました。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。