体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

悪酔い軽減に柿が効くってウソ・ホント!? 織物会社と近大の共同開発で生まれた『柿ダノミ』!

赤くなると医者が青くなるものと言ったら? トマトと答えた人は半分正解。ヨーロッパの「1日1個のトマトは医者を遠ざける」という諺を和訳時に、日本にもともとあった「柿が赤くなると医者が青くなる」をもじったから。なので日本人なら柿。しかも柿は二日酔いや悪酔いにもいいというが、本当なのだろうか。今回は柿の成分を用いたサプリメント『柿ダノミ』を紹介する。

柿が二日酔いや悪酔いにもいいって、ホント!?

古くから日本人の生活に役立ってきた果物・柿。ウコン、しじみだけじゃない、二日酔い・悪酔い軽減対策

柿が赤くなって昔の医者が青くなったのは、豊富な栄養成分から風邪の特効薬的に使われてきたから。ただ柿の活用法はそれだけではない。現存最古(平安時代)の医学書「医心方」や江戸時代の本草書「本朝食鑑」にも”柿は酒毒を解する”と記載があり、奈良地方では昔から柿は二日酔いによいという伝承があるのだ。

ウコン、しじみだけじゃない!!

そこで住江織物株式会社(大阪市中央区)のサプリメント『柿ダノミ』(10袋入※1袋2粒・希望小売価格 税抜1,500円・発売中)。織物会社がなぜ…? と思うかもしれないが、柿渋には元々消臭や抗菌等の機能性があり、インテリア製品の付加価値として活用できないか研究していたという。住江織物はバイオテクノロジーを元にした機能性素材の開発などにも注力しており、今後注目の会社だ。

織物会社だけど、バイオテクノロジーにも優れているんです。

そうした故事にならい二日酔い・悪酔い軽減対策のために、近畿大学農学部との共同研究で生まれたのが『柿ダノミ』。奈良県産柿から特許製法により抽出した柿渋を使ったサプリメントだ。

大学との共同研究で生まれたサプリ。製品の製造管理から品質管理まで、GMP認定を受けた工場が徹底マネジメント。

ヒト臨床試験も行い、悪酔いに対する軽減作用※や安全性を確かめた上でのリリース。もちろんもともと日本人が古来から摂取してきた果物なので、安心だ。※自覚アンケート結果による

1箱に10袋入りで、1,500円(税抜)。

奈良県の「高付加価値獲得支援補助金 ご当地食品開発事業」に採択され開発されたというこのサプリ、さっそく試してみよう!

 

実際に『柿ダノミ』を飲んでみた!

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。