体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【二人暮らしレシピ】記念日ディナーを一緒に!ビーフシチューとお手軽前菜の作り方

手の込んだ記念日メニューも、協力して作ればラクラク完成!

レストランでお祝いする記念日ディナーもいいけれど、二人で作ればもっと思い出深い一日に。今回紹介するレシピはビーフシチュー、焼きパプリカのマリネ、スモークサーモンのムース。煮込み料理は彼に任せて、その間に前菜を作ってテーブルをセッティングしておこう。できあがる頃には、おうちが素敵なビストロに大変身しているはず!①ビーフシチューのレシピ

彼に任せてみてほしい「オトコの料理」。赤ワインを効かせた大人味で、特別な日のディナーにピッタリ!二人暮らしの記念日レシピ:ビーフシチュー

ビーフシチューは彼にお任せ!時間をかけておいしくなるビーフシチューは、まるで二人の関係のよう材料(作りやすい分量・4食分)

●牛肉(シチュー用)=300g
●塩・こしょう=各少々
●玉ねぎ=1個
●にんじん=1/2本
●マッシュルーム=8個
●バター=大さじ1
●サラダ油=小さじ1
●赤ワイン=100ml
●水=300ml
●デミグラスソース=1缶(290g)作り方

①. 牛肉は一口大に切り、塩、こしょうをふる。玉ねぎ、にんじんは一口大に切る。マッシュルームは軸を除く。

②. 鍋にバターとサラダ油を熱し、牛肉を入れて両面に焼き色が付くまで焼く。

③. 玉ねぎ、にんじんを加えて玉ねぎがしんなりするまで炒めたら、赤ワインを加えて1/2量になるまで煮詰める。

④. 水を加えて強火にかけ、沸騰したらアクを除く。弱火にし、フタをして1時間煮る。

⑤. デミグラスソース、マッシュルームを加えて混ぜ、さらに10分煮て器に盛る。②焼きパプリカのマリネ

トロ~リとろけて、これがパプリカ!?と驚くおいしさ。ビーフシチューを煮込んでいる間にパパッとできるところもうれしい。二人暮らしの記念日レシピ:焼きパプリカのマリネ

オリーブオイルの風味がきいた一品。食べる直前まで冷やしておこう材料(作りやすい分量・4食分)

●赤・黄パプリカ=各1個
●オリーブオイル=大さじ2
●酢=小さじ2
●砂糖=小さじ1/2
●塩・こしょう=各少々作り方

①. パプリカは半分に割り、ヘタ、種を除く。

②. ①の表面を上にして魚焼きグリルに入れ、強火で表面が真っ黒に焦げるまで焼く。

③. あら熱が取れたら皮をむき、細切りにする。

④. ボウルに③と調味料を入れ、軽く混ぜ合わせる。食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておく。③スモークサーモンのムース

ワインが進むお手軽前菜。フードプロセッサーでなめらかに仕上げよう。スモークサーモンではなく、生ハムで作ってもおいしい!二人暮らしの記念日レシピ:スモークサーモンのムース

おいしくて見栄えもバツグン。テーブルが華やぐ一品材料(作りやすい分量・4食分)

●[A] スモークサーモン=80g
   クリームチーズ=60g
   牛乳=大さじ2
   レモン汁=小さじ1
   塩・こしょう=各少々
●ピンクペッパー(あれば)=適量
●バゲット(薄切り)=適量作り方

①. フードプロセッサー、またはミキサーに[A]を全て入れなめらかになるまでかくはんする。

②. 器に盛り、あればピンクペッパーを飾る。バゲットを添える。今年の記念日ディナーは二人で一緒に作ろう!

どれも簡単なのに見た目はゴージャス、しかも食べごたえ十分なメニューばかり!自分たちで作ればより思い出にも残る。
今年の記念日は手料理を食べながら、お部屋でまったりとお祝いしてみてはいかが?二人で住みやすい物件を探す!>二人で住みやすい物件を探す!

レシピ・文=吉本小雪 
スタイリング=木村 遥

[関連記事]
▼【二人暮らしレシピ】簡単!すぐできる!明太卵とじうどんと中華風肉団子鍋の作り方
https://www.chintai.net/news/2018/05/28/28275/
▼【二人暮らしレシピ】簡単!栄養満点!一汁一菜メニューの作り方をご紹介
https://www.chintai.net/news/2018/05/28/28297/

※「CHINTAI2018年6月号」の記事をWEB用に再編集し掲載していますあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。