体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ここがポイント!レーダー探知機の最新トレンド

ここがポイント!レーダー探知機の最新トレンド

速度違反の取り締まりは、大きく分けてネズミ捕りやオービスなどの定置式取り締まりと、パトカーや白バイによる追尾式取り締まりの2種類があります。その中でも、前者の定置式取り締まりを事前に察知してドライバーに警告してくれるのがレーダー探知機です。最新レーダー探知機のトレンドを見ていきましょう。

最新レーダー探知機は定置式に対応

以前はレーダーによる速度取り締まりが主流で、レーダー波を受信して警告する文字通りの“レーダー探知機”でした。しかし、LHシステムなどループコイル式への置き換えが進んだことにより、GNSSによるマップマッチングタイプの、いわゆるGPS対応レーダー探知機が主流となっています。

それでも埼玉県や岐阜県には、新しいタイプのレーダーを使った定置式小型オービス(SWSS)が登場するなど、レーダー探知機としての対応はまだまだ必要です。

実際、埼玉県と岐阜県に設置されたセンシス社製の小型オービスは、通常のレーダーとは周波数帯が異なるため従来のレーダー探知機では非対応。コムテックとユピテルでは一部の2017年モデルからGPSによる警告に加え、この新しい周波数帯を受信できる製品をリリースしています。

このSWSSに加え、今後増えるかもしれない同じセンシス社製の可搬式オービス(MSSS)への対応が、これからのレーダー探知機には必須となるでしょう。

国産レーダー探知機はレーザー未対応

また、2017年11月1日から新東名新静岡IC~森掛川IC間、そして12月1日からは東北道花巻南IC~盛岡南IC間の速度制限が110km/hに引き上げられました。

これに対応して、同区間内を通過する際には、レーダー探知機の最高速度の警告が110km/hと表示されるようになっています。また、110km/h区間と100km/h区間の境目となる地点では、速度制限が変わることを知らせてくれる機能も搭載しています。

このような一部区間での速度規制の引き上げや生活道路への新交通規制「ゾーン30」が整備されたりといった、新しい交通規則への対応を求められるのが今のレーダー探知機といえるでしょう。

さらに、ドライバーとしては神出鬼没の半可搬式と可搬式の「レーザー式取り締まり機」への対応が待たれるところ。今のところ、国産レーダー探知機に関してはレーザーへの対応はありません。その一方で、ネットと常時接続して得た位置情報で取り締まり場所を警告する機能を進化させているようです。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。