体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Interview with jan and naomi x Salyu

NeoL_salyu_janandnaomi | Photography : Masakazu Yoshiba NeoL_salyu_janandnaomi2

過日リリースされたjan and naomiのニューアルバム『Fracture』が素晴らしい。2人の歌はこれまで以上に気高い美しさをまといながら、それと同時に“ポピュラリティ”という言葉さえも浮かぶような、能動的に他者に向かう意志を感じさせる。今作のリリースを記念して、Salyuとの対談を実施。その内容は“変化”と“歌”と“研究”にまつわる興味深いものになった。

──今まで交流はあったんですか?

Salyu「5年くらい前かな? 下北沢のバーでやっていたjan and naomiのライブを観に行ったんですよ。ショコラ(Chocolat & Akito)ちゃんが誘ってくれて。奈々子さん(シンガーソングライターでjanの母である佐藤奈々子)も歌っていらして」

naomi「そのときご挨拶させていただいて。俺は大好きだったからうれしかったです。もともとリリイ・シュシュがすごく好きで。Salyuさんがいらしたときは僕らがライブをやり始めたころでした。そのバーで奈々子さんと月イチでライブをやっていたんですね」

Salyu「ショコラちゃんとずっと『かわいい〜!』って言いながら観てました。すみません(笑)」

jan「ショコラさん、僕が髪を剃ってから『かわいい』って言ってくれなくなったんですよ。寂しいです(笑)」

──Salyuさんが持っているjan and naomiの音楽的な印象は?

Salyu「最初から美しいという印象を持ってますね。今日、お会いするにあたってあらためて過去作から最新作まで聴いたんですけど、たとえば『Leeloo and Alexandra』は歌の強さがインパクトとしてバーン!と入ってくる。そこから歌とサウンドの空気感のインパクトが強くなっていっている印象があって。そして、最新作はほんとになんて表現したらいいかわからないくらいの最高傑作だと思います。感動しました」

──自分たちの音楽における美学を更新したという手応えがあると思います。

jan「そうですね。2年ぶりのアルバムということもあって、この間に人柄や性格が変化したところもあると思います。根本的な人間性は変わってないけど、第3のレイヤーくらいのところが色づいたところがあったと思うんですよね」

──その第3のレイヤーについてもう少し詳しく話してもらえますか?

jan「自分でもなんて言っていいかわからないところがあるんですけど、ぼやけていたものが輪郭を帯びてきたというか。たとえば今までは雲に隠れていた女の子について歌っていたのが、今は実像が見える人について描けるようになっていて。1枚目のアルバムから少しずつ曇っていた部分が消えていったのかなと。歌詞を描くという意味において」

──こういう言い方はjan and naomiの音楽に対して的確ではないかもしれないけど、歌としてのポピュラリティがグッと高くなったと思ったんですよね。

jan「ああ、歌と楽器のアンサンブルはわりとオーソドックスになってきて。それはあとから作品を聴いて気づいたことなんですけど。前はちょっとパンクっぽいというか、生々しい音楽がいいという美学が俺の中であったんだけど、今回は時間をかけてオーソドックスに作った音楽という感じで。いい意味で無機質になったのかもしれない」

──3曲目「TIC(Requiem for Tokyo)」のノイズのあとにくる、4曲目「CSKE」の名曲然とした佇まいをまとった美しい歌にすごくグッとくる。曲順もいいですよね。

jan「曲順は狙っていたわけではないけど、俺が作った曲とnaomiさんが作った曲が運命的な絡み合い方をしていった感じですね」

naomi「Salyuさんがライブを観てくださったころはふたりきりでライブをやっていたんですけど、そこからどんどんバンド編成でライブをやる機会が増えていって。それで、昔の楽曲もバンドで演奏するとノイジーになったり、音数が増えて疾走感や激しさが増したり。そういう環境の中で制作に入ったから、3曲目のノイズはわりと自然というか。そのあたりはこの2年のライブが影響してますね」

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。