体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

玉置浩二、待望の新オーケストラ公演開幕! “真夏の夢”モナコ少年合唱団との特別公演も決定

玉置浩二、待望の新オーケストラ公演開幕! “真夏の夢”モナコ少年合唱団との特別公演も決定

 2018年5月23日、音楽界注目の玉置浩二による新しいオーケストラコンサートが名古屋で開幕した。

 全国の主要オーケストラとの共演が実現する本公演はすべて即日完売。初日の名古屋センチュリーホールには“プラチナチケット”を獲得した音楽ファンが集まり、会場は熱気に包まれた。

 独特の緊張感が漂う中、Overture(序曲)の管弦楽作品「歓喜の歌」の響きが会場を別世界へと導き、玉置浩二が登場。沈黙のホールに祈りの鐘の音が降り注ぎ、「Sacred Love」の深遠な世界へと聴衆を誘う。恋人や家族、友人へ語りかけるように、遠い記憶を呼び起こす玉置の歌声。その祈りの音楽は無限の時間へと広がる。さらに「星になりたい」を初演奏。盟友、柳澤寿男指揮によるビルボードクラシックスオーケストラの豊潤な音の海に自由に変幻する玉置の歌唱。限りない優しさが人々の心を満たしてゆく。

 そして、「しあわせのランプ」「行かないで」「夏の終りのハーモニー」など、珠玉の作品群が管弦楽の旋律とともに次々と披露される。米国billboard誌(2018年1月世界配本号)に“アジア最高のボーカリスト”として評され、まさにジャンルを越えて、現代の音楽シーンの到達点を示す玉置の圧倒的な歌唱が観客を魅了した。

 そして、今夏開催される待望の特別公演がついに発表された。指揮は世界の歌劇場で名声を獲得したデヴィッド・ガルフォース。さらに、ウイーン少年合唱団等とともに世界三大少年合唱団と称される、名門モナコ少年合唱団との共演が実現する。東京国際フォーラムの大舞台には、グレース王妃が愛し、地中海と太陽の国に誕生したモナコ少年合唱団が登場。玉置浩二の歌声が導く大きな愛と少年たちの夏が重なる、まさに一夜限りの“真夏の夢”が誕生する。

◎公演情報
【特別公演 - with the winds of MONACO –
玉置浩二PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 THE GOLD RENAISSANCE】
2018年7月24日(火)19:00
東京・東京国際フォーラム ホールA
指揮:デヴィッド・ガルフォース
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
合唱:モナコ少年合唱団
※本公演は特別プログラムとなります。

関連記事リンク(外部サイト)

玉置浩二、全国ツアー日程発表&オリジナルアルバム13タイトルが紙ジャケで再発決定
玉置浩二、オーケストラとともに熱唱「愛を熊本のために」
玉置浩二による注目の新オーケストラ公演、明日3/31よりチケット一般発売

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。