体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミャンマーの伝統音楽を追うドキュメンタリー、映画『マンダレースター』が公開

ミャンマーの伝統音楽を追うドキュメンタリー、映画『マンダレースター』が公開

写真家/作曲家/映画プロデューサーの川端潤が監督を務めた音楽ドキュメンタリー映画『マンダレースター -ミャンマー民族音楽への旅-』が6月30日~7月13日の期間限定で上映される。

 ミャンマーはバングラデッシュ、インド、中国、ラオス、タイの5カ国に囲まれた多民族国家。主要な民族は8つあり、少数民族も入れると135部族にもなり、そのうちビルマ族が70%を占めている。今回舞台となるマンダレイはミャンマー第二の都市で、劇中ではこの地方特有の楽器であるサインワイン(大きな木枠の中に21個の音階あるタイコがぶらさがっている楽器)に焦点が当てられ、サインワイン楽団の一家と、歌手であるピューという少女の物語が描かれている。また、川端監督がミャンマーの伝統音楽を題材に映画を撮影するのは、2015年6月に公開された『Beauty of Tradition ミャンマー民族音楽への旅』以来、今回で2度目となる。

◎公開情報
『マンダレースター -ミャンマー民族音楽への旅-』
2018年6月30日(土)~7月13日(金)
ポレポレ東中野にて公開 レイトショー
監督・音楽:川端潤
取材・撮影:万琳はるえ
翻訳:井上さゆり他 
字幕:皆川秀
製作・宣伝・配給:(株)プロジェクトラム/エアプレーンレーベル
2018年/日本/カラー/90分/ドキュメンタリー
(C)株式会社プロジェクトラム

関連記事リンク(外部サイト)

映画『ブランカとギター弾き』、主演のサイデル&長谷井監督インタビュー 
映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』予告編&場面写真が解禁
伝説の音楽ドキュメンタリー続編、“さよなら”世界ツアーを収めた『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』が7月に公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。