体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アジア人初! パルクール全米チャンピオン・ZENが挑戦したいこととは?

アジア人初! パルクール全米チャンピオン・ZENが挑戦したいこととは?
J-WAVEで放送中の番組『ACROSS THE SKY』(ナビゲーター:玄理)のワンコーナー「TOKYO TREASURE」。5月27日(日)のオンエアでは、日本人初のパルクール全米チャンピオン・ZENさんをお招きして、パルクールの魅力に迫りました。

■人間の可能性を感じる動き

ZENさんによると、パルクールは元来、トレーニングの文化で、ビルからビルに飛び移ったり、壁を蹴ってアクロバティックな動きを通して、自分の体を知っていくという、どちらかというと筋トレに分類されるカルチャーだと言います。ここ最近では、スポーツや競技的な部分が徐々に注目されてきています。

ZENさんがパルクールを知ったのは、15歳の頃。同級生がパルクールの映像集を見せてくれて「人間ってこんな動きができるんだ」と、人間の可能性を感じたそう。ただし、そのときは自分もできるとは思っておらず、「自分の知らない世界がある」ということに驚いたとのこと。映像を見るまではパルクールの世界を知らなかったため、「自分の中にもそういうものが眠っているかもしれない」と思ったとか。

その後、単身渡米して18歳で帰国し、世界大会で日本代表として出場してベスト5に入ります。19歳で日本初のプロパルクールアスリートになり、2015年にはアジア人として前人未到の全米チャンピオンに輝きます。

現在は、世界各国のトップパルクールアスリートで構成されたインターナショナルチーム「Team Farang」の一員として、 拠点をロサンゼルスに移し、世界中で活動を続けています。

ZEN_artistphoto.jpg

■パルクールに年齢は関係ない?

パルクールの発祥はフランス。30年ほど前に生まれたばかりです。

ZEN:スラムな場所だということもあり、自分の体や家族の身を守るためにトレーニングをしたいという思いから、フランスの若者たちが集まって、自分のまわりにある環境を使って、実際に使える体を鍛えたっていうことがルーツになっています。
玄理:パルクールは、世界的に認知度は高いですか?
ZEN:最近ではすごい勢いで広がっていて、年齢問わず、おじいちゃんやおばあちゃんまで楽しんでいるような文化になっている印象です。
玄理:おじいちゃんがパルクールをやって大丈夫ですか?!
ZEN:回転といったエクストリームなことはしてませんが、バランスをとって、捕まってよじ登ったりする動きの中で体を鍛えて楽しんでいます。
玄理:実際にトレーニングするときは、街の中でするんですか?
ZEN:場所は問わないので、自分の周りにある環境を使って鍛えます。
玄理:「危ないよ!」って注意されたりしません?
ZEN:それはありますね(笑)。

■精神に大きく左右されるスポーツ

筋肉を使うスポーツというイメージがありますが、精神面を鍛えることも重要だとZENさんは言います。

ZEN:特徴的なのは、筋肉と同じくらい、精神力を鍛えるところにあります。人間の体はパフォーマンスが完成していても、精神面でそれを制御してしまうところがあって、自分の大舞台でパフォーマンスを出そうとすると緊張して、普段はできることができないとか、そういうことをなくすために精神面を鍛えるということ。
玄理:なるほど。
ZEN:だから、ビルとビルの間を飛ぶ行為って、実はスリルを味わう楽しさというだけではなくて、自分の精神面を究極に鍛えていった結果、自分ができることがどんな環境でもできるということなんです。あれは、その最終着地点。
玄理:パルクールをやっていく上で、精神面も大事ということですね。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。