体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【再現レシピ】ごはんが止まらない!老舗おでん店「お多幸」風の絶品とうめしを作ってみた

有名店のあの味が自宅で再現できる!

有名店のあの味を自宅で再現できたら……。そんな夢のような話を実現すべく、CHINTAI編集部がお店に通って徹底研究! おいしさはそのままで、自宅でも手軽に再現できるようにアレンジしたレシピを大公開。

今回は、創業90年を超える老舗おでん店「お多幸」の、あの人気メニューを再現! 東京に来たら必ず食べたいとまで言われている、あのふるふるで、アツアツのーーそう、「とうめし」!
秘伝のだしでじっくり煮込まれた絶品豆腐とごはんの相性は、食べた人にしかわからない至高の組み合わせだ。おうちのキッチンで老舗の味にどこまで近づけるか、チャレンジしてみよう!だしの染み込んだ豆腐が絶品のお多幸風とうめしの再現レシピ

だしの染み込んだ豆腐が絶品。老舗の味を再現しよう!材料(2人分)

豆腐=2丁
さつまあげ=2枚
水=400ml
昆布=10cm
かつお節=4g程度
しょうゆ=100ml
みりん=100ml
砂糖=大さじ3
米=2合
ほうじ茶=380mlお多幸のとうめしを再現するのに必要な材料は、豆腐、さつまあげ、水、昆布、かつお節、しょうゆ、みりん、砂糖、米、ほうじ茶

お多幸のとうめしを再現するのに必要な材料はこちら!準備

・ほうじ茶は濃い目に煮出し、冷ましておく。
ほうじ茶をボウルに入れ冷ます

水380mlに対し、ほうじ茶2パックくらいが目安

・豆腐はキッチンペーパーで包み10分以上置き、水気をきっておく。
豆腐をトレイに出し、キッチンペーパーで包む

豆腐は水気をきっておくことで、煮崩れにくくなり、味も染み込みやすくなる。

・昆布は水400mlにつけてやわらかくしておく。作り方

①. 茶飯を炊く。米を研ぎ、ほうじ茶、塩ひとつまみ(分量外)と合わせて炊飯器で炊く。お多幸風のとうめしの作り方:茶飯を炊く

だし汁が染み込むことを考え、少しかために炊き上げたい。目盛りより少なく水加減して

②. だし汁をひく。昆布をつけた水を鍋に入れ火にかける。沸騰したらかつお節を加えてひと呼吸煮て、火を止めてざるなどでこす。
お多幸風のとうめしの作り方:だし汁を作る

時間がなければ顆粒だしなどでも代用できるが、せっかくならおいしいだしをひくのがオススメ

②. 鍋に調味料、豆腐、さつまあげを入れ、火にかける。沸騰したら弱火にし、フタをして30分煮込む。
お多幸風のとうめしの作り方:だし汁に調味料、豆腐、さつまあげを加えて煮込む

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。