体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アリス=紗良・オットのメジャー・デビュー10周年記念アルバム『ナイトフォール』発売決定

アリス=紗良・オットのメジャー・デビュー10周年記念アルバム『ナイトフォール』発売決定

 アリス=紗良・オット(アリス・サラ・オット)が、ドイツ・グラモフォンからメジャー・デビューして今年で10周年を迎えることを記念し、また9月に決定している彼女の日本でのリサイタル・ツアーに先駆け、ニュー・アルバム『ナイトフォール』を8月24日に全世界同時発売することが決定した。

 今回のアルバムはアリス初の小品集で、誰もが知っているドビュッシーの「月の光」やサティの「ジムノペディ第1番」といった親しみ易いメジャー作品も収録したフランス音楽のピアノ作品名曲集となっている。

 アルバム・タイトルの『ナイトフォール』は“夕暮れ”という意味で、夜の帳が降りてくる昼と夜の狭間、移ろい行く群青のグラデーションと、忍び寄る闇の奥に潜むミステリアスな気配を表したもの。それぞれの楽曲に“光と闇” “夢と現(うつつ)”といったイメージを対比させ、それらの相反するイメージと感情を鮮やかに描いたアルバムとなっており、聴き慣れた名曲たちにアリスらしい様々なニュアンスが投影されて楽曲の新たな魅力が引き出されている。

 9月のリサイタル・ツアーは本アルバムにショパンを加えたプログラムとなり、川口リリア・音楽ホールを皮切りに全国9公演が予定されている。

◎リリース情報
アルバム『ナイトフォール』
2018/8/24 RELEASE
<通常盤 SHM-CD>
UCCG-1808 3,024円(tax in.)
<限定盤 SHM-CD+DVD>
UCCG-90807 3,780円(tax in.)

◎収録曲
1. 夢想:クロード・ドビュッシー(1862-1918)
2-5. ベルガマスク組曲(前奏曲/メヌエット/月の光/パスピエ):クロード・ドビュッシー(1862-1918)
6. グノシエンヌ第1番:エリック・サティ(1866-1925)
7. ジムノペディ第1番:エリック・サティ(1866-1925)
8. グノシエンヌ第3番:エリック・サティ(1866-1925)
9-11. 夜のガスパール(オンディーヌ/絞首台/スカルボ):モーリス・ラヴェル(1875-1937)
12. 亡き王女のためのパヴァーヌ:モーリス・ラヴェル(1875-1937)

◎ツアー情報
【アリス=紗良・オット2018年日本リサイタル・ツアー】
2018年9月15日(土) 埼玉・川口リリア
2018年9月16日(日) 群馬・前橋市民文化会館
2018年9月18日(火) 大阪・フェスティバルホール
2018年9月20日(木) 熊本・熊本県立劇場
2018年9月22日(土) 宮城・東北大学百周年記念会館
2018年9月23日(日) 広島・広島国際会議場
2018年9月24日(月) 愛知・日本特殊陶業市民会館
2018年9月25日(火) 東京・東京文化会館
2018年9月27日(木) 東京・東京オペラシティ

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】アリス=紗良・オットのニューアルバム『ワンダーランド』が第1位
第1位はフェレンツ・フリッチャイ「悲愴」、アリス=紗良・オット4年ぶりのソロ・アルバムが第2位
今、話題のピアニスト、アリス=紗良・オットが来日中。トリスターノとの初デュオ・リサイタル開催迫る。

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。