体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BiSH、新曲「Life is beautiful」MV公開 飯豊まりえ&清原翔が人生を描く

BiSH、新曲「Life is beautiful」MV公開 飯豊まりえ&清原翔が人生を描く

 BiSHが6月27日にリリースする両A面シングルより、表題曲の一つ「Life is beautiful」のミュージック・ビデオが公開された。

BiSH MV

 自身初のラブソングとなる同曲のミュージック・ビデオは、“共有”をテーマに制作。主演の飯豊まりえと清原翔が、一緒に成長し、結ばれ、物事を共有していく人生を描いている。

 かねてよりBiSHの楽曲を聴いていたという飯豊は、MVのオファーをもらった時のことを「え?! 本当ですか? と聞き返してしまうほど驚きました!」と話し、「ご本人さんたちを目の前にお芝居させていただいてなんとも表せないゾクゾクした感情でした笑。学生時代から50代の女性まで、普段にない振り幅がある役どころでしたがなかなかない経験だったのでとても楽しかったです!」と撮影を振り返った。

 両A面シングル『Life is beautiful / HiDE the BLUE』は6月27日リリース。avexのYouTube公式チャンネルでは、「HiDE the BLUE」のミュージック・ビデオと横浜アリーナ公演でのパフォーマンス映像が公開されている。

◎BiSH / Life is beautiful[OFFICIAL VIDEO]
https://youtu.be/Bwg_beeIxUU

◎コメント
飯豊まりえ
「(BiSHを)テレビ番組で拝見してから応援したい! すごい個性と才能の塊だ!! と思っていて日頃からBiSHさんの曲を聴かせていただいていたので、お話をいただいたときはえ?! 本当ですか? と聞き返してしまうほど驚きました!
嬉しかったです。ご本人さんたちを目の前にお芝居させていただいてなんとも表せないゾクゾクした感情でした笑。
学生時代から50代の女性まで、普段にない振り幅がある役どころでしたがなかなかない経験だったのでとても楽しかったです!」

セントチヒロ・チッチ(BiSH)
「平凡でも、奇跡みたいなことでも、人には毎日それぞれの人生が1ページずつ描かれています。このMVでは、一つのモノ、コトを共有して生きる2人の姿、徐々に増えていく人生で共有された物事。増えていく幸せの形。

それが描かれています。

だけど人間、死だけは共有する事はできなくてそれは当たり前だけど残酷で。私は、そのシーンをオブラートに包まずに表現してみせたことに正直驚きました。でも、ラストシーンを見た時にああ、これだ。って感じて涙が止まらなくなって、なんだかわかんないけど込み上げてきて。

この世界のどっかで、それぞれいろんな人生を送ってる誰かに、苦しくても残酷でもそれでも人生は美しいと思ってもらえたら。届けばいいなと思います」

◎リリース情報
シングル『Life is beautiful / HiDE the BLUE』
2018/6/27 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

BiSH、横浜アリーナでの新曲「HiDE the BLUE」初パフォーマンス映像を公開
BiSH、自身初のホールツアー開催決定&新シングル詳細も発表
【WILD BUNCH FEST. 2018】第2弾発表にはウカスカジー、BiSHなど14組が追加

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。