体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhoneとAndroidのテストモード隠しコマンド

iPhoneとAndroidのテストモード隠しコマンド

隠しコマンドで起動するiPhoneのフィールドテストモードは、電波強度を数値化できることで有名。しかし、iOS11ではフィールドモードに入れるものの、電波の数値化には対応しなくなっています。そんなiPhoneとAndroidに搭載されているテストモードに入るための隠しコマンドを紹介しましょう。

iPhoneの隠しコマンドで電波の種類

iPhoneの隠しコマンドは、まず標準の電話アプリを起動します。キーパッドにして「*3001#12345#*」を入力したら発信ボタンを押すのです。これで「Field Test」と表示された画面に切り替わります。

メニューから「Serving Cell Info」を選択。「Freq Band Indicator」で、今つかんでいる電波の種類が分かります。「41」はauもしくはソフトバンクのLTEバンドであることを示しているのです。

なお、iOS10まではフィールドテストモードに入ると左上の電波が数値化され、電波強度をより具体的に知ることができました。しかし、iOS11からは電波の数値化には対応しなくなったようです。

Android隠しコマンドでバンド変更

海外で現地のSIMカードを使う時は、その国のバンドに合わせる必要があります。通常は自動でセットされますが、相性によりうまくいかないことも…。そんな時にAndroidの隠しコマンドを入力すると、ネットワークを手動で変更できます。

Androidの隠しコマンドも、電話アプリを立ち上げたら「*#*#4636#*#*」を入力すればテストモードに入ります。ここで「携帯電話情報」→「優先ネットワーク」を選択するのです。

通常はオートになっていますが、3GのみやLTEのみに変更できます。海外のほか、LTEが不安定な地域などでも便利。3Gを優先ネットワークに設定すればバッテリーの消耗を防げます。なお、変更する際は念のために初期値をメモしておきましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。