体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年からライトアップも!2万株のあじさいが咲き乱れる「八景島あじさい祭」

県内最大級!島内に2万株のあじさいが咲き乱れる「第18回八景島あじさい祭」
『横浜・八景島シーパラダイス』では、6月9日(土)~7月1日(日)の期間中、「第18回八景島あじさい祭」を開催予定。

各地にあじさいの名所がありますが、ここ八景島シーパラダイスもそのひとつ。八景島の島内には、季節ごとに様々なお花が咲き乱れますが、初夏には県内最大級2万株のあじさい「セイヨウアジサイ」や「ガクアジサイ」がちょうど見ごろを迎えます。

「八景島あじさい祭」は、様々なあじさいが楽しめるスポットがたくさん。訪れる人たちの目を楽しませてくれることでしょう。

あじさいの情景が楽しめる鑑賞スポット

県内最大級!島内に2万株のあじさいが咲き乱れる「第18回八景島あじさい祭」
海に囲まれた「金沢八景」に位置する八景島の中には、あじさいの鑑賞スポットによって、様々な姿を見せてくれます。下記のあじさい鑑賞スポットを参考にしてみてくださいね。


あじさい見どころスポット
・シーサイドガーデン(西浜)(1)

 あじさいが海をバックに爽やかに咲き誇ります。
・あじさい坂(西浜から丘の広場まで上る坂)(2)
 あじさいに彩られた坂道。あじさい園路を華やかに盛りあげます。
・シークレットガーデン(広場まで上る坂道の途中)(3)
 「あじさい坂」の途中にひょっこり現れるのが「シークレットガーデン」。「ピンクアナベル」たちが緑の中に映えます。
・ブルーパラダイス(丘の広場)(4)
 あじさいとバラのコラボレーションがご覧いただけます。
・八景ブルーの庭(築山東側バス発着場)(5)
 八景島オリジナルあじさい「八景ブルー」が咲き誇ります。
・あじさいの花道(丘の広場からカーニバルハウスまで下る坂)(6)
 丘の広場から緩やかな坂道の両サイドにあじさいが咲き並び、あじさいがお客さまをシーパラダイスへ導きます。
・あじさいの滝(カーニバルハウスから丘の広場へ上る階段)(7)
 白いあじさい「アナベル」が流れ落ちる滝のように咲き誇るメインストリート。夜には竹灯籠による幻想的な演出も。
・新緑のあじさい(カーニバルハウス前花壇)
 新緑を背景にあじさいの海をイルカが泳いでいます。
・シーパステル(客船ターミナル裏)
 白いアンカレッジ記念碑と海とあじさいのコラボ。
・ゴール(シーパラシー太像横、アクア前広場特設テント)(8)
 シーパラシー太くん!お誕生日おめでとう!ゴールには八景島でしか見られない新種のあじさいと、大階段には素敵な撮影スポットが。
 ※(1)~(8)はスタンプラリーポイントになります。

県内最大級!島内に2万株のあじさいが咲き乱れる「第18回八景島あじさい祭」
島内各所の見どころスポットを巡ってスタンプを集めていただく、嬉しい特典付きの「見どころスタンプラリー」や、咲き誇るあじさいを車窓からご覧いただける「あじさいトレイン」などあじさいの魅力を楽しめる催しもあるので、ぜひ参加してみては。

県内最大級!島内に2万株のあじさいが咲き乱れる「第18回八景島あじさい祭」

今年から!「竹灯籠によるあじさい園路ライトアップ」も

県内最大級!島内に2万株のあじさいが咲き乱れる「第18回八景島あじさい祭」
今年からは、夜のあじさい園路を幻想的にライトアップで演出してくれる竹灯籠も登場。「あじさいの滝」には約130個もの竹灯籠が設置され、昼間の風景とはまた違ったあじさいの情景を楽しめます。

この時期しか見られない、あじさいの情景を昼夜にわたって鑑賞してみてはいかがでしょうか。

第18回八景島あじさい祭
期  間:2018年6月9日(土)~7月1日(日)
開島時間:平  日 8:30~21:30
     土  日 8:30~22:30
     ※水族館、アトラクションの営業時間は異なります。
場  所:横浜八景島内丘の広場周辺「八景島あじさい園路」他

■お客様のお問い合わせ先
『横浜・八景島シーパラダイス』
TEL : 045−788−8888
URL : http://www.seaparadise.co.jp

[PR TIMES]
今年からライトアップも!2万株のあじさいが咲き乱れる「八景島あじさい祭」

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。