体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

会話の輪にうまく入れないとき。組み合わせの問題、と考えてみる by とけいまわり

小学校から次女が帰って来ると、浮かない顔をしていました。

「どうしたん」と聞くと、「お友達と3人で帰ってきたんだけど、そのうちの2人で盛り上がったりして、そこに入れなくて一緒に歩いてるのつまんなかった」と。

ああ、それは私も経験がある…

3人でいるとたまに1人になってしまうこと。

それを聞いた長女が「ああ~あるある、私も帰り道にそうなる時ある。

それって、単にお友達の組合せの話だと思うんだよね、

だから大丈夫だよ」と。 前回エピソード:ひとりで穴を掘る娘と、ママ友がいない私の“ちょうどよさ” by とけいまわり

f:id:akasuguedi:20180524091745p:plain

「へえ~、お友達の組合せ?」と私が聞くと、

長女が「そうそう、単にお友達の組合せの話。すごく仲のいい2人と次女ちゃんって組合せになっただけの話だから。しかも、その誰が誰とすごく仲が良くて…みたいな組合せって、すぐにコロコロ変わるしね。だから次女ちゃんは『今日はこうだったけど、今度はまた違うかもな~』って、そこで考えるの終わっちゃったらいいんだよ。

私はそういうときね、『あ~、あの雲の形おもしろいな~ワニだなあ~』って空をぼんやり見てる。どうせ15分ぐらいで家に着くんだし」

f:id:akasuguedi:20180524092644p:plain

私「単なる組合せの問題だって話、いいね。お母さん同士の会話でうまく輪に入れない時ってあるんだけど、『今回はこういう組合せだったんだ』って考えたら気楽になれる気がする」

長女「そうそう。気軽に考えられる方法が大事だと思う」

私「なるほどね。『気楽に考えなきゃ』って思うと、気楽に考えられない自分に焦ったりするけど、『こうしたら気楽に考えられるかもなあ』って色々試してみるのはいいね」

長女「そうそう」

f:id:akasuguedi:20180524092706p:plain

長女「次女ちゃん、とりあえずね、一緒に床にゴロンとしたり、本読んだりするといいよ。気持ちがちょっと落ち着くんよね。それからもう一回考えるとね、さっきより少し楽に考えられるんよ」

次女「うんうん」

f:id:akasuguedi:20180524092727p:plain

一週間後に次女は「新しくできたお友達と帰ってきた。楽しかった」と、嬉しそうに帰ってきました。

「単なる組合せの問題だから大丈夫だよ」という長女の言葉がずっと心に残っていて、「ああ、それは良かった…どんな事を話しながら帰ったの」と聞くと、次女が楽しそうに、蝶々を捕まえたりしながら帰った話をしてくれました。 関連記事:コミュ力ゼロだけど、とうとう一歩踏み…出した? 初ママ友の顛末 by トキヒロ

f:id:akasuguedi:20180423095647p:plain

著者:とけいまわり

年齢:40代

子どもの年齢:9歳、7歳、5歳

小4長女、小2次女、5歳末っ子の三姉妹の母。40代教育職WM。趣味は囲碁と漫画

生き物、宇宙等、科学の話題が好き。人混みが苦手で一人が落ち着く 。プロフィールイラストは、にゃぐははさん作@hahanyagu

Twitter:@ajitukenorikiti

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

ひとりで穴を掘る娘と、ママ友がいない私の“ちょうどよさ” by とけいまわり
はじめて訪れた子育て支援センター。知らずに座った席がボスママの指定席だった!
久々の一人外出でストレス発散のはずが…!? 家のことが気になって仕方ない!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。