体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

職場にいる「やりづらい人」とどう付き合えばいいのか?――経営・組織コンサルタント×リクナビNEXT編集長対談<前編>

職場にいる「やりづらい人」とどう付き合えばいいのか?――経営・組織コンサルタント×リクナビNEXT編集長対談<前編>

職場の上司や同僚に「どうもやりづらい」「噛み合わない」人がいる――そう感じている人は多いことでしょう。「実はそのやりづらさは、理論的に説明が付く」と語るのは、『職場の「やりづらい人」を動かす技術』の著者であるプリンシプル・コンサルティング・グループ株式会社 代表取締役・秋山 進氏。

やりづらいと感じるのはなぜか、どうすればうまく協業していけるのかについて、秋山氏と藤井薫「リクナビNEXT」編集長に語ってもらいました。


プロフィール

秋山進(あきやま・すすむ)<写真左>

プリンシプル・コンサルティング・グループ株式会社 代表取締役。リクルートに入社後、事業企画に携わる。独立し、経営・組織コンサルタントとして企業の事業構造改革等に従事。現在はグループ代表として、経営リスク診断、組織設計、幹部人材育成等に携わる。著書:「社長が将来役員にしたい人」(日本能率マネジメントセンター)、「一体感が会社を潰す」(PHP新書)、「社長!それは「法律」問題です」(共著:日本経済新聞社)など。

藤井 薫(ふじい・かおる)<写真右>

「リクナビNEXT」編集長。1988年にリクルート入社後、人材事業の企画とメディアプロデュースに従事し、TECH B-ing編集長、Tech総研編集長、アントレ編集長などを歴任する。2007年からリクルート経営コンピタンス研究所に携わり、14年からリクルートワークス研究所Works兼務。2016年4月、リクナビNEXT編集長就任。リクルート経営コンピタンス研究所兼務。

「視点」「思考」「行動」によって、人は8つのタイプに分けられる

―まずは、職場にいる「やりづらい人」とはどんな人か。秋山氏が例示する人物タイプに、藤井編集長が命名しました。

閉店ガラガラ狭門家

「その仕事、私の担当じゃないんで」「それ私の専門外なんで」と言って、自分の担当や専門分野から一歩も外に出ない人

ロジカル・オンリーロンリー

「ソースは?」「エビデンスは?」とファクトやロジックしか受け付けない人

コンビニエンス・プロフェッショナル

「私は何をすればいいんでしょうか?言ってくれれば進めますよ」という人

他にも、「世界や他社に比べてうちの会社は遅れている!」と嘆くばかりの人、非現実的な夢や理想論ばかり語る人、意思決定はするものの現場での遂行に一切関与しない人……など、それぞれに「絡みづらい」と感じる人がいると思います。なぜ、違和感を覚えてしまうのでしょうか。

秋山氏(以下、秋山) 「やりづらい」と感じるのは、そもそも自分と「タイプ」が合っていないから。ビジネスパーソンは「視点の持ち方」「思考のパターン」「行動の重点」という観点でタイプ分類することができます

さらに、この3つの軸×2タイプをもとに、8種類のタイプに分けることができます。 タイプ診断テスト(タイプを知るための30の質問)については別記事にて掲載をしております。ぜひ試してみてください。

1.想像力ゆたかな小説家(ミクロ×直観意味×WHAT

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。