体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Xiaomiが「M1805D1SE」で初めてノッチ付きディスプレイを採用

Xiaomi は、ディスプレイにノッチ部分を持つ新型スマートフォン「M1805D1SE」を開発しています。
中国の工信部でこの機種が認証を取得し、その存在とデザインが明らかとなりました。
Xiaomi はまだノッチ部分を持つスマートフォンを出しておらず、おそらく、この「M1805D1SE」がそうしたデザインを初めて採用することになると思われます。
ディスプレイサイズは 5.84 インチ 2,280 x 1,080 ピクセルなので、19:9 スマホですね。
その他には、2.0GHz 駆動のオクタコアプロセッサ、2GB / 3GB / 4GB RAM、背面に 1,200 万画素 + 500 万画素のデュアルカメラ、前面に 800 万画素カメラ、3,900mA バッテリーを搭載しています。
スペック的にはミッドレンジクラスなので、Mi 8 でないのは確実です。
OS は Android 8.1 Oreo なので、最新の MIUI 9.5 を搭載している可能性があります。
気になるのはブランドでしょうか。
Redmi シリーズか Mi シリーズか、それとも新しいフォームファクターということで別のブランド名が付与されるのか。
注目の一台になります。
Source : TENAA

■関連記事
東京メトロ、駅構内の360写真をストリートビューで公開開始
Xperia XZ2は国内3キャリアから5月31日に発売
Lenovoのフラッグシップスマホ「Lenovo Z5」は6月5日に発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。