体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女優・南沢奈央「我を忘れて楽しんでます」大好きな落語を語る

女優・南沢奈央「我を忘れて楽しんでます」大好きな落語を語る
J-WAVEで放送中の番組『RADIO DONUTS』(ナビゲーター:渡辺 祐・山田玲奈)のワンコーナー「RICE FORCE BE YOURSELF」。5月26日(土)のオンエアでは、女優・ナビゲーターとして活躍している南沢奈央さんに、趣味の話や美の秘訣を伺いました。

■落語が大好き!

多忙な南沢さんですが、まずは素になるときについて伺いました。

南沢:私は落語を聞いたり、プロレスを見るのが好きで、我を忘れて楽しんでます。落語を好きになってから12年以上経つんですけども、何度同じ話を聞いても何度も笑える。落語を聞く度に「やっぱり笑うって大事だな」と思います。私がよく行くのは上野の鈴本演芸場で、落語を見ながら飲んだり食べたりできるので、近くのデパ地下でお弁当やおかきを買って、自分がリラックスできるものをたくさん持って行って、一日中楽しんでます。最近、好きな噺家さんは立川談春さん。私が言うのもなんですが、見るたびにどんどん芸に深みが出ていて、目が離せない状態ですね。見てるときは我を忘れるんですけれど、見たあとに「私もお芝居を頑張ろう」という気になれる落語をされる方です。

山田:この間、南沢さんにお会いしましたけど、やっぱり笑顔が素敵で、落語でもたくさん笑ってるんだなっていうことが想像できました。
渡辺:「笑顔が素敵」と思える人って、笑うのが上手だったり、好きだったりしますよね。ちなみに、ご本人も落語に挑戦したことがあって、柳亭市馬さんに指導を受けて 「南亭市(なんていいち)にゃお」の高座名もお持ちです。

■とにかく汗をかく!

ナチュラルな美しさ、透き通るような肌が印象的な南沢さん。続いて、日々のケアとメイクについても伺いました。

南沢:汗をかく、代謝を上げて体の中を入れ替える、ということを意識しています。お風呂に浸かったりサウナに入ったり運動したりして汗をかいて、デトックスをすることを心がけています。あとは、もともと乾燥肌なので保湿ですね。夏は乾燥しないかと思いきや、紫外線でかなりパリパリになるので、夏こそ気をつけようと思って、パックをしたりしています。役でもそうですけど、今までナチュラルメイクが多くて、私はメイクが得意ではなかったので、自分でやるときもナチュラルにしかできない感じだったんですけど、色のついたアイシャドウとか、リップとかで、ポイントを立たせたり、おしゃれなメイクに挑戦してみたいという気持ちはあります。ただ、本当に苦手なので、現場に行くたびにメイクさんに教えてもらっています(笑)。

山田:ナチュラルメイクがお似合いな方だから、パッとしたメイクをすると、別の南沢さんの顔になるんだろうなと思います。
渡辺:汗もかいているそうですね。
山田:大事ですよね。だって、この間見たとき、毛穴がなかったですよ。もちろん、あるんでしょうけど、毛穴が見えなかったですよ。
渡辺:よく見てますね(笑)。

南沢さんは7月6日(金)から始まる舞台「『ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル』〜スプーン一杯の水、それは一歩を踏み出すための人生のレシピ〜」に出演します。2012年にピューリッツァー賞戯曲部門賞を受賞した作品で、今回が日本での初上演です。南沢さんに、舞台の見どころについてお訊きしました。

南沢:非常に不思議な世界観で、オンラインやチャットルームの世界と現実のリアルな世界が交互に描かれていって、だんだんリンクしていって……というお話です。私はリアルに生きる側で、それぞれが抱えている悩みや、向き合わなければならない問題はけっこう似ていて、そんな似た者同士が混じり合っていって、どう変化していくか、というところが見どころです。

南沢さんは、J-WAVEの番組『TOPPAN FUTURISM』(日曜 21時〜21時54分)のナビゲーターも務めています。こちらもぜひチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:『RADIO DONUTS』
放送日時:土曜 8時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。