体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キャリアや生き方に「絶対解」はない。自分にしかない「納得解」を見つけよう ――秋元祥治『20代に伝えたい50のこと』

キャリアや生き方に「絶対解」はない。自分にしかない「納得解」を見つけよう ――秋元祥治『20代に伝えたい50のこと』

大学在学中、21歳で地域活性化に取り組みたいとG-netを創業された秋元祥治さん。経済産業省「地域産業を創り出す33人の演出家たち」のうちの一人として紹介されるなど、活躍されています。そんな秋元さんの著書『20代に伝えたい50のこと』が話題となっています。

『20代に伝えたい50のこと』は現在38歳となる秋元さんご自身が、20代のころに伝えたかった内容をまとめたもの。この本をベースに、“これからの生き方を模索する20代”に向けて「指針」となるような言葉を紹介したいと思います。

第7回目となる今回は、「自分で決めて納得できるか」についてです。

プロフィール

秋元 祥治(あきもと しょうじ)

岡崎ビジネスサポートセンター・OKa-Biz センター長

NPO法人G-net理事(創業者)

1979年生まれ。大学在学中G-netを創業。中小企業支援と若者をつなぐ長期実践型インターンシップ事業を立ち上げ、高校教科書「政治経済」に掲載されるなど高く評価される。一方中小企業支援をf-Biz・小出宗昭氏に師事。2013年よりOKa-Bizセンター長に就任。4年間で8000件を超える相談を受け、売上アップをサポート。3~4週間の相談待ちがでる人気の相談所となっている。経済産業省「キャリ教育アワード」優秀賞、「ものづくり日本大賞」優秀賞などを受賞。早稲田大学社会連携研究所招聘研究員・内閣府地域活性化伝道師。

経済産業省「地域産業を創り出す33人の演出家たち」のうちの一人として、また雑誌「AERA」や書籍『社会起業家になる方法』では、日本の主な若手社会起業家の一人として紹介されている。

一人ひとりの幸せや価値観も違う。だから生き方やキャリアに【絶対解】はない

僕が初めて大学の教員になったのは、2008年のこと。

「大学で授業をしたい」といたるところで言っていたら、紹介をうけて28歳の時に四日市大学で非常勤講師を拝命しました。それから10年経ちました。当初から、そしてここ最近はより、就職や仕事というものについての得も言われぬ不安感を持っている人々が多いように感じます。

メディアを通じて伝えられるニート・フリーターの問題や早期離職者のニュースの影響もあるかもしれません。ただ、根源的には何のために働くのかということ、あるいは人生のあり方の正解はなんだろうという答えを知りたい、ということなのかもしれません。

いつも授業の初めにお伝えすることがあります。

高校までと、大学以降はルールが全く変わるんだ。

大学入試までの受験勉強は、1つの答え【絶対解】がある。

だけれどもここから先は違うんだよ、と。

一人ひとりの幸せや価値観も違うんだから、

生き方やキャリアに【絶対解】はない。

自分自身で考えて、悩んで、そして自分で決断する。

そして、納得して選ぶ【納得解】しかないんだ、と。

地方や田舎でなく、大都会で働き生きることが幸せなのか。

中小企業ではなく、大企業に勤務することが幸せなのか。

古く伝統的な現場でなく、新たなベンチャーが魅力的なのか。

やりがいと手触り感より、給与が高く休暇が多いことが幸せなのか。

別にどっちがいいとか悪いとかじゃないんです。自分で多様な価値観にふれて、考えて、悩んで、それで決めたらいいなと思います。

「都会で・大企業で・安定して・偉くなることが大事だ」という絶対解があった時代はもう終わったように感じます。大学を出たから就職を約束されたわけじゃないし、上場企業でもいとも簡単に経営破綻することもある。

大事なことは自分で決めて納得したものなのか。価値観はずいぶん多様化しているようです。

最近では、一流大学を卒業後、大手企業や外資コンサルティング会社勤務を辞めて、NPOへ転職したり、地域へ移住して地域おこしに取り組む人も目立つようになりました。

自分が自分自身の「人生のオーナー」。だから「納得」できる道を選択する

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。