体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【山形県】おすすめ日帰り温泉12選。絶景露天から美肌の湯まで

悠湯の郷 ゆさ

個性的な湯があちこちに湧く温泉パラダイス、東北。その中でも、少し車を走らせれば良質な温泉に出合える山形県。今回は、山形県で気軽に楽しめるおすすめの日帰り温泉を厳選してご紹介いたします。

蔵王温泉など有名どころはもちろん、秘湯ムード漂う温泉地や知る人ぞ知る名湯もたくさん。絶景が望める露天自慢の風呂や、美肌が期待できる温泉、源泉100%の温泉など、どこも今すぐ行きたくなる日帰り温泉ばかり。

情報をしっかりチェックして、“いい湯”に浸かってね!

記事配信:じゃらんニュース

1.堺屋森のホテル ヴァルトベルク【山形市/蔵王温泉】

2017年夏、男性露天風呂リニューアルオープン!

堺屋森のホテル ヴァルトベルク男湯は2017年7月にリニューアル。大浴場露天風呂酸性・含鉄・硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

日帰り入浴データ

大浴場(内湯・露天)、野天風呂(5月初旬~10月中旬)利用の場合

〈料金〉中学生以上1000円、小学生500円、未就学児3名まで無料(4名からは1名ごとに500円)

〈入湯税〉込み

〈入浴時間〉11時30分~15時

〈休み〉不定

〈タオル〉販売108円

〈バスタオル〉貸出324円

森と山に抱かれたロケーション。自家源泉から湧きだす湯はpH1.8の強酸性硫黄泉。ピリッと刺激的で美肌効果が高いという。5月初旬~10月中旬は、ホテルの玄関から森の小径を2分ほど歩けば辿りつく野天風呂も開放される。 堺屋森のホテル ヴァルトベルク

TEL/023-694-9300

住所/山形県山形市蔵王温泉清水坂889-1

定休日/不定

アクセス/山形道山形蔵王ICより25分

駐車場/50台

「堺屋森のホテル ヴァルトベルク」の詳細はこちら

2.小野川温泉名湯の宿 吾妻荘【米沢市/小野川温泉】

浸かれば肌若返る!?小野川の名湯を堪能。

小野川温泉名湯の宿 吾妻荘ほのかに硫黄の香りが漂う。男性大浴場「薬師の湯」含硫黄ナトリウム・カルシウム・塩化物泉

日帰り入浴データ

大浴場「薬師の湯」「玉の湯」(いずれも内湯)利用の場合

〈料金〉中学生以上500円、小学生300円、1歳~未就学児200円

〈入湯税〉込み

〈入浴時間〉14時30分~18時

〈休み〉不定 ※土日祝は要問合せ

〈タオル〉販売100円

〈バスタオル〉なし

最上川の源流で地下に浸透した地下水が、35年の歳月を経て、温泉となって噴出。ラジウムを含む硫化水素弱食塩泉は、関節痛や慢性湿疹に効くとされ、保温効果も高いという。湯量豊富な源泉は、80度と高温なため、地下水を加水して掛け流し。 小野川温泉名湯の宿 吾妻荘(あづまそう)

TEL/0238-32-2311

住所/山形県米沢市小野川町2471

定休日/なし

アクセス/東北中央道米沢中央ICより20分

駐車場/30台

「小野川温泉名湯の宿 吾妻荘」の詳細はこちら

3.吉田屋旅館【山形市/蔵王温泉】

成分濃厚!湯力抜群!びっしり析出物がその証。

吉田屋旅館素朴な雰囲気の浴場。男女別に内湯が備わる酸性・含鉄・硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

日帰り入浴データ

大浴場(内湯)利用の場合

1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。