体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

XperiaのPOBox Pplusで表示するキーボードを「日本語」と「英語/数字」に絞る

Xperia の標準キーボードアプリ「POBox Plus」を日常的に使いやすくするために利用可能なキーボードを日本語と英語/数字の 2 つの絞る設定方法を説明します。
どういうことかというと、これは POBox Plus の左下に表示される、「文字種モードキー」を 2 トグルに変えることです。
デフォルトの状態でこの「文字種モードキー」は日本語、英語、数字キーの 3 トグル式なので、フリックキーボードに慣れている方にとって、数字キーが不要と考える方は多いと思います。
日本語と英語の 2 トグル式にして、数字は英語キーボードのフリックに任せれば、キーボードの切り替えがもっと速く行えるはずです。
変更方法は簡単です。
POBox Plus の設定メニューを開き、「入力アシスト」→「文字種モードキー」から、「2 トグル式」に切り替えるだけです。
変更すると、キー上の表示から数字が外れるのでそこで切り替わったことを確認します。

■関連記事
初のChrome OSタブレット「Acer Chromebook Tab 10」が登場
OAタップの口が無駄にならないスリムな4ポートUSB充電アダプタ「AICase」のレビュー
Huawei、ブートローダーのアンロックコードを払い出すサービスを終了へ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。