体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CHEMISTRY×羽生結弦が氷上コラボ!「気持ちよく歌って頂けたので、僕自身も気持ちよく滑れました」

CHEMISTRY×羽生結弦が氷上コラボ!「気持ちよく歌って頂けたので、僕自身も気持ちよく滑れました」

 CHEMISTRYが、2018年5月25日~5月27日まで行われた【ファンタジー・オン・アイス 2018】の幕張公演に出演し、今年2月に開催された平昌オリンピックで五輪連覇を果たした羽生結弦選手と共演した。

関連画像(全5枚)

 オリンピックや世界選手権で活躍する一流スケーターたちが一堂に会し、華やかなエンタテインメントが繰り広げられる豪華なアイスショー。アーティストの生演奏とスケーターのコラボレーションは見所のひとつであるが、CHEMISTRYは今回、羽生選手自らの選曲により、2005年に発表された代表曲「Wings of Words」を歌唱。羽生選手の華麗なスケーティングを、壮大でロマンティックなミディアムアップ・ナンバーと圧倒的な歌声で盛り上げ、場内を感動の渦に巻き込んだ。

 パフォーマンスを終えて、羽生結弦選手が「幼い頃から聴いていて思い入れのある曲で滑り、生ということで(CHEMISTRYの二人に)気持ちよく歌って頂けたので、僕自身も気持ちよく滑れました」とコラボレーションの感想を語ると、メンバーの川畑要も「羽生選手のスケートを見ていると、歌も伸びやかになって気持ちよかった。すごく良い経験をできました」と感激を隠せない様子だった。

◎リリース情報
ニューシングル『Heaven Only Knows/13ヶ月』
2018/06/20 RELEASE
<初回盤(CD+DVD+写真集)>
3,000円(tax in.)
<通常盤(CD)>
1,300円(tax in.)
<完全生産限定盤(アナログ盤12 inch)>
1,944円(tax in.)
※カラーレコード:クリアブルー盤

関連記事リンク(外部サイト)

CHEMISTRY 再始動第二弾シングル収録内容の全貌明らかに
CHEMISTRY 主題歌担当のWEBドラマ公開に伴い、新曲バラード「13ヶ月」ドラマMVフル解禁
CHEMISTRY “僕らにとって再始動後初のバラード曲”沢山の人の愛の形描いた「13ヶ月」でWEBドラマ主題歌を担当

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。