体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警視庁が指南する身近なアイテムによるサバイバル術

警視庁が指南する身近なアイテムによるサバイバル術

警視庁警備部災害対策課の公式Twitterアカウント(@MPD_bousai)で、さまざまな防災テクニックや知識が紹介されています。緊急時には、いつも使っているモノが手に入らないことも少なくありません。そこで、身近なアイテムを代用する方法を覚えておくと便利。警視庁が指南するサバイバル術を紹介します。

警視庁が指南する10円玉で袋開け

警視庁が指南するサバイバル術が「10円玉で開けにくい袋を開ける」こと。食料などの袋が開かない場合、10円玉を2枚使うとハサミが無くても簡単に開けられます。人差し指と親指で10円玉を持ち、上下に破る要領でOK。切り口が無くてもラクに開けられます。海外製のお菓子の袋などでも有効です。

警視庁のサバイバル術に「キッチンペーパーで簡易マスク」もあります。被災中などでマスクが無い場合は自作するしかありません。キッチンペーパーを蛇腹に折り、端をホチキスで輪ゴムとともに止めるだけ。インフルエンザなどの予防はできませんが、最低限の粉塵を防ぐことは可能です。

「新聞紙とビニール袋で簡易コップ」というのも警視庁が指南するサバイバル術。新聞紙を三角形に折り、さらに三角形の両端を折って袋状にします。

警視庁のサバイバル簡易スリッパ

そして、スーパーやコンビニのビニール袋を上から被せるとコップの代わりに使えるというわけ。ビニール袋を交換すれば使い回しが可能です。避難所などで、使い捨ての紙コップが足りなくなった時に役立つでしょう。

警視庁のサバイバル術に「ビニール袋とタオルで簡易オムツ」もあります。小さな赤ん坊がいる場合、何かと不足しがちなのがオムツです。スーパーなどのビニール袋を開き、清潔なタオルを中央にセット。ビニール袋の持ち手を体に巻き付ければ簡易オムツになります。長時間の使用は蒸れるので、あくまで緊急用です。

警視庁が指南するサバイバル術が「新聞紙とビニール袋で簡易スリッパ」。段ボールを足型にくり抜いて新聞紙で包みます。そして、ビニール袋で覆えば簡易スリッパの完成です。履いた上から太い輪ゴムやヘアゴムを巻くと、滑りにくくなります。段ボールと新聞紙は保温効果が高く、避難所などの冷たい床で重宝するでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。