体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TOKYO CAFÉ PATROL #26 使い方はあなた次第、喫茶ランドリーで自由なひとときを過ごす


 

森下駅と両国駅の間、墨田区の住宅街に突如現れる「喫茶ランドリー」。もともと手袋の梱包作業場として使われていた築56年の建物の1階をリノベーションして、今年1月にオープンした喫茶店です。

その名前の通り、ランドリーが置かれた洗濯もできる喫茶店。オーナーの田中元子さんがデンマーク・コペンハーゲンで訪れた「ランドロマット カフェ」をイメージして作られました。ランドリーカフェは世界中にあるけれど、ランドロマット カフェはカフェがメインになった作りでたくさんの地元の人で賑わっていた。田中さんの自宅の近くにも、そんな人が集まる場所が欲しいと思ってオープンしたそう。

開放的なガラス張りで、初めて訪れた人でも入りやすい外観です。
 

内観は誰でも親しみやすいようにと、どこかで見たことがあるようなインテリアに。家具は、かつて喫茶店で使われていたものを集めました。何時間でも過ごしていたくなるような落ち着く店内。

店内にはハンドメイドのアクセサリーや雑貨や中古レコードの販売も。すべて、ご近所さんたちによるものです。

「家事室」と呼ばれるランドリースペースには、スウェーデン発のエレクトロラックス社製の最新機器「mypro」の洗濯機、乾燥機が3台ずつ設置。洗濯300円、乾燥400円、洗濯+乾燥セット650円。外国製の洗剤が並び、好きなものを選べます。洗濯+乾燥+コーヒーのセット980円もあるので、コーヒーを飲みながら洗濯が終わるまでゆったり時間を過ごすこともできます。

1 2次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。