体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

山口智充と浦浜アリサ、千葉の隠れた“インスタ映え”スポットに興奮!

山口智充と浦浜アリサ、千葉の隠れた“インスタ映え”スポットに興奮!
J-WAVEで放送中の番組『TOYOTA DRIVE IN JAPAN』(ナビゲーター:山口智充・浦浜アリサ)。5月は千葉県いすみ市「大原オートキャンプインそとぼう」へドライブ! 25日(金)のオンエアでは、御宿の“インスタ映え”スポットや、浦浜が番組で初めて運転した様子をお届けしました。

■“インスタ映え”スポットで興奮

バーベキューを満喫し、すっかりお腹がいっぱいになったふたり。続いて、トヨタ・ハイラックスで向かったのは、御宿海岸でした。こちらには「月の沙漠記念館」があり、童話『月の沙漠』に登場するラクダと王子と姫の記念碑があり、“インスタ映え”スポットになっています。浦浜は、「うわ! 思いのほかラクダの像がでかい!」と興奮。山口は「いかにして、ラクダ使いのように見せるか」を考えて撮ったそうです。逆光を利用すると、より素敵な写真が撮れるとアドバイスしました。

DRIVE IN JAPAN007.jpg DRIVE IN JAPAN008.jpg

■山口も興奮の快適さ

撮影を楽しんだあとは再びドライブ。山口にとってハイラックスは憧れの自動車だったそうで、嬉しい思いを語りました。

DRIVE IN JAPAN001.jpg

山口:ハイラックスは乗りたかった車なので、すっごく嬉しい。
浦浜:ハンドルを握るのを狙ってたんですね!
山口:ピックアップトラックは男の憧れで、うしろに荷台がついている車って、ワクワクするんです。ディーゼルだからパワーがあるし、エンジン音とかがうるさいのかと思ったらすっごく静か。
浦浜:確かに音の響きはないですね。
山口:運転席と助手席と後部座席もけっこう広い!
浦浜:私も「助手席のスペースがけっこうあるな」と思いました。
山口:ピックアップトラックだと、うしろに荷台があるから、乗車スペースが狭くなるものだけど、普通の乗車スペースを保ちながら、荷台もでかいです。そのぶん、全長5メートルのロングサイズにはなるけど、今日運転していて「取り回しがきついな」とは一度も思わなかったし、めちゃめちゃ運転しやすい!
浦浜:私、この車に「カッコイイ」っていう、一目惚れに近い感情を抱きました。キャンプ場でチラッと目に入る世界が映画の世界みたいで。
山口:いいことを言った! 映画の世界なんです。ハリウッド映画とかで、ピックアップトラックが乗り付けて荷物を出すような、そういうシーン。キャンプにピックアップトラックは似合うよね。

■浦浜、ぐっさんを助手席に発進!

ハイラックスを気に入ったという浦浜に、山口は「乗ってみる?」と勧めました。大喜びの浦浜は、お気に入りの「九十九里有料道路」を運転することに!

DRIVE IN JAPAN003.jpg
1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。