体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CHVRCHES・ローレン「日本の女の子たちは…」

CHVRCHES・ローレン「日本の女の子たちは…」
J-WAVEで放送中の番組『SEASONS』(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「MON CAFÉ FAV STYLE」。5月26日(土)のオンエアでは、スコットランド・グラスゴー出身のローレン・メイベリーさん(Vo)、マーティン・ドハーティさん(Key, Vo)、イアン・クックさん(Key, B, Vo)による3人組バンド・CHVRCHES(チャーチズ)が登場。最新作やファッションへのこだわりについて訊きました。

■アルバム『Love Is Dead』をリリース

5月25日に3枚目のアルバム『Love Is Dead』をリリースしたばかりのCHVRCHES。すでにアルバムからの先行シングル『Get Out』『Miracle』がヒットしています。

マーティン:よりライブっぽいアルバムになったね。ドラムマシンだけじゃなく、生のドラムやベースも取り入れて、より迫力のあるサウンドになっているよ。特にライブを意識したわけではないんだけれど、結果的にそういったサウンドになったので、ライブで再現するのが楽しみ。数カ月後には日本の「FUJI ROCK FESTIVAL ’18」で演奏するのも楽しみなんだ。

今回は、アデルやベックなどを手がけ、グラミー賞も受賞しているグレッグ・カースティンさんがプロデュースを担当。コンピューターベースで作品を作ることが多いCHVRCHESですが、今回はグレッグさんの勧めで、ハードウェアのシンセサイザーや楽器を使ったことで、変化が生まれたそうです。

■ステージ衣装選びが楽しい理由

続いて、ローレンさんにファッションについて訊きました。

ローレン:ステージ用の衣装を選ぶのはとっても楽しい! 普段着は落ち着いたモノクロとかカーキを選びがちだけど、ステージ衣装は、それとは違ってはっきりした色合いやシフォン素材のもの、厚底ブーツなど、いっぱい冒険ができて楽しい。私は少し小さいので、東京に来ると自分のサイズに合った服がたくさんあるのが楽しみなの。あと、日本の女の子たちはファッションに気を使っているなと感じているので、参考にしたいと思っているの。

そんなローレンさんが選んだお気に入りの1曲は、カーディ・B『Bartier Cardi (feat. 21 Savage)』 です。「彼女のキャラクターがよく出ていて面白い。何より彼女は素晴らしいラッパーだと思うので、みんなにも聴いてほしい」と語りました。

CHVRCHES『Love Is Dead』と合わせてチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SEASONS』
放送日時:土曜 12時−15時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/seasons/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。