体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「冷凍しっぱなしゴハン」を炊きたてに復活させるワザ!

「冷凍しっぱなしゴハン」を炊きたてに復活させるワザ!

先日、炊飯器メーカーの社長が、「単身世帯の増加により、炊飯器の保温機能を使わず、お米を炊いたらすぐ冷凍する人が増えている」と言っていました。そのため、そこの商品には保温機能を外したのだそう。たしかに炊いたらすぐ冷凍している!という人も多いのでは?

炊飯器も日々進化していて、冷凍ごはんでもおいしくいただけるけれど、忙しく生活しているとなかなか自炊できず、冷凍したまま時間が経ってしまうことも……。『世界で一番おいしいお米とご飯の本』(ワニブックス)にて、5ツ星お米マイスターの澁谷梨絵さんが、冷凍ごはんを炊きたてごはんのようにおいしくさせるコツを紹介してくれました。

2段階に分けて
チン!

「冷凍しっぱなしゴハン」を炊きたてに復活させるワザ! チン!は2段階に分けて行います。まずは凍ったまま電子レンジへ。目安は、700Wで2〜3分。「冷凍しっぱなしゴハン」を炊きたてに復活させるワザ!

電子レンジから取り出し、ラップの上から茶碗に移してほぐします。包んでいたラップを茶碗にかけ、さらに2〜3分電子レンジでチン!

冷凍しっぱなしごはんには
“お酒をふる”

「冷凍しっぱなしゴハン」を炊きたてに復活させるワザ! 冷凍したままかなり日が経ってしまった場合、劣化や冷凍やけしてしまうことも。そんなときは、解凍の途中でほぐす際に1膳につき小さじ1ほどのお酒をふりましょう。そうすると炊きたてホカホカのふっくらごはんに復活します!「冷凍しっぱなしゴハン」を炊きたてに復活させるワザ!『世界で一番おいしいお米とご飯の本』著:澁谷梨絵(ワニブックス)

お米の選び方から保存の仕方、炊き方、よそい方、冷凍・解凍の仕方など、知らなかったコツなど、今まで知らなかった裏技から詳しいコツまで、お米について情報満載の一冊。おむすびやおかゆ、雑炊、炊き込みごはん、混ぜごはん、酢飯など、お米が主役になるメニューのコツやレシピも紹介!メディアで話題の5ツ星お米マイスターの澁谷梨絵が米の食べ方の秘伝を全部教えます。

関連記事リンク(外部サイト)

冷凍しないほうがモッタイナイ野菜があった!
「解凍時間」を劇的に減らすトレイ。こりゃスゴい!
旬のキノコも冷凍すべし。うまみUPで良いことずくめ

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。