体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

花火、売られはじめてますよ!(つまり、夏はじまりました)

花火、売られはじめてますよ!(つまり、夏はじまりました)

 

「花火」にまつわる思い出ってありますか?

たずねておいて恐縮なんですが、実体験としての思い出がない自分が「花火」ときいて思い出すのは、ドリカムの『あの夏の花火』という曲。

打ち上げ花火を見上げながら「かつての恋人」を思い出す瞬間を歌っているんですが、曲のなかで入り混じる、今と過去の回想。きいているといつも、短めの「夏の映画」を観ているような気持ちになるんです。

あの夏の花火 / DREAMS COME TRUE

Reference: DREAMS COME TRUE

5月28日は「花火の日」

 

なぜこんな話をし始めたかって? 今日は「花火の日」(※)だから。ちょっと気が早い気もするけれど、もう売られはじめているんですよ、花火セット。好きな人と飲んでいい気分になった帰り道なんかに、思い立って買ったりして。線香花火を取り出したら、すこしだけ話す時間を延長しちゃいましょう。それもいつか「あの夏の花火」として、素敵な思い出になるかもしれません。

※285年前の今日、隅田川の両国橋付近で水神祭りの川開きがおこなわれ、
慰霊を兼ねた花火が打ち上げられたそう。これが「両国川開きの花火」の始まりなのだとか。

 Top Photo by © iStock.com/KaraGrubis

関連記事リンク(外部サイト)

夏の花火は友達と。冬の花火は、好きなひとと。
夏が恋しくなる、インスタグラマー「kei7474」の花火
「切ない!」「素敵すぎる!」あの花火大会のポスター、一体誰が作ったの?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。