体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

遮断ではなく、光を「取り入れる」が目的のブラインド

遮断ではなく、光を「取り入れる」が目的のブラインド

どんより曇った日や雨の日が続くとなんだか気が滅入ってくるものですが、せっかく気持ち良く晴れた日だって、外に出られなければ意味がありません。たとえば仕事で日中ずっと屋内にいて、まともに陽の光を浴びていない……なんて人も多かったり。

そんなカンヅメさんの心に響きそうなブラインドのご紹介。

ないはずの「窓」が、そこに

遮断ではなく、光を「取り入れる」が目的のブラインド© 2018 Julien Renault遮断ではなく、光を「取り入れる」が目的のブラインド© 2018 Julien Renault

壁にくっつけて使うこの「Venise」、言われなきゃわかりませんが照明なんです。スタイルからもお気づきのとおり、ブライドから着想を得てつくられたもの。壁にかけるだけで、ないはずの窓がそこに現れたようでしょ?

本来ならば、陽の光を遮るのがブラインドの目的。それを逆手にとり光を生むなんて、ちょっとシャレが利いてるじゃありませんか。遮断ではなく、光を「取り入れる」が目的のブラインド© 2018 Julien Renault遮断ではなく、光を「取り入れる」が目的のブラインド© 2018 Julien Renault

「ぱっ」
明かりをつければ、ブラインドの隙間から、陽の光が差し込んでくるみたい。部屋を照らすほどの明るさはありませんが、どうでしょう。ほんのちょっとでも気持ちをあったかくしてくれるんじゃないでしょうか。

都会で生活していると、どうしても窓から差し込む光が十分でなかったりしますよね。“せめてもの”なんだろうけど、こういう感覚、分からなくないんだよなあ。Licensed material used with permission by PaulinePlusLuis

関連記事リンク(外部サイト)

「木漏れ日」を再現したライト
家具と調和する「エアロバイク」を追求した結果・・・
アジアン料理ブームに潜む問題から生まれた「インテリア雑貨」

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。