体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Boo’d Up」エラ・マイ(Song Review)

「Boo’d Up」エラ・マイ(Song Review)

 R&Bシーンにおいて、今最も注目されているのがエラ・マイ(Ella Mai)の「Boo’d Up」。最新の米ビルボード・ソング・チャート(HOT100)では11位まで上昇し、TOP10入り目前となっている。また、ヒップホップ・チャートで6位、R&Bチャートでは自身初のNo.1を獲得した。

 エラ・マイは英ロンドン出身、1994年生まれの23歳。12歳で米ニューヨークに移り、高校を卒業した後帰国した。2014年には“Arize”というトリオ・グループのメンバーとして、イギリスの人気オーディション番組『Xファクター』に出場したが、結果は残せずグループは解散。翌2015年にソロ活動をスタートさせ、SoundCloudにアップした音源が注目されると、DJマスタードに見出され、彼のレーベル<10 Summers Records>と契約。2016年に『Time』、『Change』2作のEP盤、2017年2月に3作目『Ready』をリリースし、その『Ready』の冒頭を飾るのが、現在大ヒット中の「Boo’d Up」だ。2017年は、ケラー二のツアーにも参加している。

 制作は、クリス・ブラウンの「リーヴ・ザ・クラブ」(2011年)にフィーチャリング・ゲストとして参加し注目を集めた、米カリフォルニア出身の女性シンガー・ソングライター=ジョエル・ジェームスと、プロデューサーのDJマスタード、そしてエラ・マイの3人。ヒットに拍車をかけたのは、2018年4月26日に公開されたミュージック・ビデオで、公開1か月で3,000万再生を超えるヒットとなっている。

 スパイラルパーマと、髪をアップにまとめた2パターンのエラ・マイが、遊園地でボーイフレンドと絡みあったり、友人とアトラクションに乗ってはしゃぐ、無邪気さとロマンティックさを兼ね備えたカラフルなこのビデオ。90年代のR&Bを彷彿させる冷涼メロウとも相性良く、ビデオの作りもマライア・キャリーの「ファンタジー」(1995年)のようで、“90年代風”という意味でも一致(している気がする)。ちなみに、エラ・マイは影響を受けたアーティストに、そのマライアやブランディー、ローリン・ヒル、デスティニーズ・チャイルドなど90年代を代表する女性アーティストを挙げている。

 90年代のR&Bに親しんできただけはあり、ノスタルジックなサウンドとキャッチーなコーラスが、当時のR&B~ヒップホップ的な肌触り、グルーヴを浮き上がらせている。当時活躍していた女性R&Bシンガーに影響を受けたエラ・マイのボーカル・ワークもすばらしく、若層のみならず、クラブ世代に大ウケしているのも納得。1年前に『Ready』が発売された時点で、この曲は間違いなくヒットするとコメントしていたラジオ局のDJもいたようだが、その予想は的中した。

 予期せぬヒットに若干戸惑いつつも、「私にはまだやらなきゃいけないことはあるけど、その準備はできているわ」と、謙虚な姿勢とアーティストとしての自信をニオわせたエラ・マイ。「Boo’d Up」のヒットを受け、間もなく自身初のスタジオ・アルバムもリリースされるのではないだろうか。今年の夏は、6月21日~24日に米LAで開催される<BET Experience>と、米ニューオーリンズで開催される<Essence Festival>の2つのフェスに出演する。

Text: 本家 一成

関連記事リンク(外部サイト)

ジェニファー・ロペスが新曲「ディネロ」MV公開、DJキャレド&カーディ・Bも登場
マイリー・サイラス、マーク・ロンソンとスタジオ入り 傷心ソングを制作中?
ホールジー、『ホープレス・ファウンテイン・キングダム』がプラチナ認定に

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。