体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『5月26日はなんの日?』祝デビュー20周年、ミス・ローリン・ヒルの誕生日

『5月26日はなんの日?』祝デビュー20周年、ミス・ローリン・ヒルの誕生日

 5月26日はR&Bシンガー/ラッパー、女優としても知られるローリン・ヒルの43歳の誕生日。

 ローリン・ヒルは1975年5月26日、アメリカ・ニュージャージー州サウスオレンジ生まれ。ヒップホップ・グループ、フージーズとしての活動や映画『天使にラブ・ソングを2』(1993年)の出演で一躍注目を集め、1998年のソロデビュー作『The Miseducation of Lauryn Hill』(1998年)が全米ビルボードNo.1ヒットを記録、99年のグラミー賞で5部門を受賞する快挙を達成し、時代を象徴する歌姫の座を不動のものとした。2000年代にはシーンから遠のいた時期もあったが、近年はふたたび“ミス・ローリン・ヒル”として精力的に活動をおこなっており、2015年にはロバート・グラスパー監修によるニーナ・シモンのトリビュート作品『ニーナ・リビジテッド…ア・トリビュート・トゥ・ニーナ・シモン』にも参加、2015年、2016年と2年連続で来日公演もおこなっている。

ソロデビューから20年の節目となる今夏は、7月5日の米ヴァージニア州のヴェテランズ・ユナイテッド・ホーム・ローンズ・アンフィシアターを皮切りにツアーを行う予定となっており、7月22日にシカゴで行われる【ピッチフォーク・フェスティバル】では、チャカ・カーンとともに日曜日のヘッドライナーを務めることが発表されている。

関連記事リンク(外部サイト)

ミス・ローリン・ヒル、デビュー作の20周年記念ツアーを開催
ドレイクとカーディ・Bが新曲でサンプリング!ローリン・ヒル「エックス-ファクター」とはどんな曲?
ローリン・ヒル、【グリニッジ国際映画祭 2018】にオープニングアクトとして出演決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。