体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ナオト・インティライミ、7/10発売の20thシングルのタイトルは「ハイビスカス」 映画タイアップも決定

ナオト・インティライミ、7/10発売の20thシングルのタイトルは「ハイビスカス」 映画タイアップも決定

 ナオト・インティライミが7月10日の「ナオトの日」に発売する20枚目のシングルの表題曲のタイトルと、新アーティスト写真を公開した。

 表題曲のタイトルは「ハイビスカス」。この曲は映画・ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』の主題歌にも決定した。

 『覚悟はいいかそこの女子。』は、“ヘタレ男子マンガの先駆け”と言われる、椎葉ナナの同名コミック(全2巻/集英社マーガレットコミックス刊)を原作とし、ドラマがMBS/TBSドラマイズム枠で6月24日より放送されるのに加え、10月12日に映画が全国ロードショーされる。

 ドラマ&映画制作チームからは、“ヘタレ男子”という共通点がありそうな(?)ナオト・インティライミに対し、叶わぬ恋と知りながら奮闘する主人公のクライマックスシーンで使用する楽曲として、諦めずに夢を追う中・高校生たちに勇気を与える応援歌のイメージで制作を依頼した。それを受けてナオト・インティライミは、実際に映画を観て、疾走感のあるサウンドに乗せ、主人公の不器用な弱さと、その奥にある強い想いをヒントに曲を書き下ろしたと言う。「この恋を成就させるためにはどんなことでもするという強い気持ちと、痛いほどひたむきなピュアさをサビにぎゅっと詰め込んでみました。うまく映画にマッチしたのではと強い手応えを感じています。」とナオト・インティライミ自らが語る自信作が誕生した。

 楽曲のタイトル「ハイビスカス」は、夏の楽曲という季節感と、たった1日で散る“1日 花”という儚さと美しさが、ドラマ&映画の若者たちのまぶしい恋とリンクするという趣旨からネーミングされた。さらには、花言葉である“勇敢”は、主人公の恋の成就に向かうひたむきな姿ともリンクしている。

◎リリース情報 
シングル『ハイビスカス/しおり』
2018/7/10 RELEASE
<初回限定盤>(CD+DVD)
UMCK-9936 3,500円(tax out)
<通常盤>(CDのみ)
UMCK-5647 1,200円(tax out)
<CD収録内容>
1.ハイビスカス
2.しおり
3.タイトル未定
4.ハイビスカス (Instrumental)
5.しおり (Instrumental)
6.タイトル未定 (Instrumental)

関連記事リンク(外部サイト)

さだまさし×ナオト・インティライミのコラボ実現! 「ナオト・マサシ・インティライミ」名義で2曲発表
ナオト・インティライミ、7月10日「ナオトの日」に20枚目のシングル発売決定
ナオト・インティライミ Instagramアカウント開設! 初投稿「サクラまんかーい インスタ開設すんのかーい!」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。