体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ツイッターなんてギャグ」Benthamが考える、SNS依存への対処法

「ツイッターなんてギャグ」Benthamが考える、SNS依存への対処法
J-WAVEで放送中の番組『THE KINGS PLACE』(木曜担当ナビゲーター:Bentham)。5月24日(木)のオンエアでは、リスナーからのSNSでのコミュニケーションに関する悩みを紹介し、メンバーが答えました。

■SNSをやめられない!

リスナーから届いたのは、こんなメール。

ツイッターにとらわれすぎて困っています。愚痴ツイートなどを見ると「自分のことかも」と思ってしまいます。やめたいと思っても依存しているのか、全然やめられません。どうすればいいでしょうか?

小関:現代病ですね。何が問題って、心の内を可視化できるというのが問題。
:専門家の人みたいだね(笑)。
小関:SNSの怖いところ。僕、SNSは好きなんですよ。自分の知らない情報を知れるし、面白いし、暇つぶしになるでしょ。すごく好きなんですけど、ちょっとこっちのメンタル事情で勘ぐったり。「Bentham」ってエゴサーチしまして、「どんなライブだった」という感想を見て次に活かそうと思って。そしたら「Benthamのボーカルはエゴサばっかしてる」みたいな。「はあ?」と思うけど、言ってる意味もわかる。
:こっちもちゃんと活かすためのエゴサなんだと。
鈴木:俺らがやるのはわかるというか、反応をみるという作業。
小関:まあ、アンケートみたいなもんだからね。
鈴木:普通の人でも病むんですね。
小関:俺らと感じ方が違うと思う。コミュニティがさ、フォロワーとか……。
:友だち同士とかそういうのが多いのかな。
須田:余計そういうことを考えることが多いかもね。そういう気がなくても、そう見えちゃうのは、すごくわかる気がする。俺らは見ようと思って見るじゃん。面白い動画も含めて。だけど、見ようと思わなくても目に止まることが多いと思うんだよね。フォロワー、フォロー数が限られてるし。そうすると目に入ってきちゃうよね。

■ツイッターは娯楽

SNSの良い点、悪い点を話したBentham。その後、全員で対策を考えました。

鈴木:じゃあツイッターをやめればいい?
須田:それか、すごく面白い動画をあげている人とかをいっぱいフォローしといて、タイムラインにあがってくるものをそういう悪口じゃないものにしていく。
:ハッピーなものを挟んでいく感じ。
小関:まず、ツイッターは娯楽だから。全部信じちゃだめ。冗談だし嘘だし、ギャグ。心の余裕があって、「ププッ」て笑えるくらいがちょうどいいから。俺はもう炎上とかが怖くて最近ツイートしてない。だから、言ってることはすごくわかる。俺は揉めたくないんだよ。勘違いするんだもん、みんな。
:ツイッターなんてギャグなんだから。
小関:俺が今言ったこと。わかったかな? こういうことですよ。ツイッターは適度に楽しみましょう。

ツイッター炎上に悩まされる小関が、親身になって教えてくれたSNSとの接し方。みなさんも依存に気つけて、SNSを楽しんでください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『THE KINGS PLACE』
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。