体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Appleファンにはたまらない! Mac G3を彷彿とさせるiPhone Xケース「Classic C1」

コアなAppleファンなら、「Mac G3」と聞いてピンとくるだろう。そう、アイコンとなっている初代のMacだ。

そのレトロな外観をiPhone Xに、と開発されたケース「Classic C1」がクラウドファンディングサイトIndiegogoで、調達目標額の30倍の資金を集める人気ぶりだ。

・スケルトンがかわいい

現在のiMacに慣れている世代にとっては、新鮮に映るかもしれない。1998年に発売されたMac G3は丸みを帯びたブラウン管テレビのようなデザインで、何よりもスケルトンカラーで一世を風靡した。

そのスケルトン感をiPhoneにもってこようとしているのがClassic C1。青や赤、緑などキャンディカラーと呼ばれた多色展開を、Classic C1でも再現している。

・込められたApple愛

しかもケースの内側には「hello (again)」の文字。Appleファンならご存知、「hello」は初代マッキントッシュが1984年に始めて表示した言葉だ。

Classic C1はまさに、Apple愛を前面に押し出しているケースといえる。

開発元は米国拠点のスマホアクセサリーメーカーSpigen。Indiegogoでは今なら25ドル(約2800円)の出資で入手できる。

iPhone 2Gをモチーフにしたデザインのケース「Classic One」もあり、C1とのセットは35ドル(約3900円)。このセットはiPhone 8用も用意されている。

世界中どこにでも発送可能で、出資は6月13日まで受け付ける。アップルファンは是非ともチェック!

Classic C1/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。