体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レッドブル・エアレース】メディアセンターはこんなところ!【取材こぼれ話をゆるレポ】

【レッドブル・エアレース】メディアセンターはこんなところ!【取材こぼれ話をゆるレポ】

 筆者たちレッドブル・エアレースのジャーナリストが詰めているメディアセンター。それは空で戦いを繰り広げるパイロットと好対照の「戦場」です。とはいえ、長年取材しているジャーナリストにとっては、和やかな雰囲気も漂う空間です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 自動車のF1シリーズのことを、世界中を旅して回ることから「F1サーカス」と表現することがありますが、レッドブル・エアレースも世界中をサーカスのように回っています。だからという訳ではありませんが、メディアセンターもテント張りのプレハブです。飛行機のエンジン音は直で響いてきます。


金曜日から取材に来るメディアは、筆者を含め長年にわたって追いかけている人ばかり。そのためメディアセンターは結構和やかな空気。NHKの解説を務める能勢雄一さんは、和服で取材をしたりしています。これが海外のパイロットに大好評。

 現在、メディアセンターは報道陣が多いため、ほぼ全部が記者会見場となっています。機材収納ロッカーは外のテント。打合せ用スペースも最小限です。

 ところが、日曜日の決勝となるとメディアが大勢集まります。2015年からするとおよそ4倍以上。実はもっと取材申請があるそうなんですが、メディアセンターの収容人数に限りがあるので、やむなく制限せざるを得ないとか。海外取材もするメディアによると、メディアの取材が一番熱心なのは日本だそうですよ。

 空を舞台するスポーツなので、天候によって予定が変わります。その都度新しい予定表が配られるのですが、なかなか間に合わないことが多く、一番確かなのはホワイトボードに書かれた予定表。


 合わせてリザルトボードも勝負の進行に応じて更新されます。

 こんな感じで我々メディアは「地上の戦場」で日々活動しているのです。

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

【レッドブル・エアレース】予選はアメリカ勢のワンツー 3位室屋は尾翼を戻して決勝へ
【レッドブル・エアレース】26日フリープラクティス速報・ホールとマクロードがトップ。室屋は8・10位
【レッドブル・エアレース】レースコントロールへようこそ【取材こぼれ話をゆるレポ】

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。