体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

愛想よりユーモアが大切

愛想よりユーモアが大切

最近、樹木希林さんがよくバラエティ番組に出ているんですが、どれを見ても面白いんですよね。樹木さんは決してガツガツしないし、無理に愛想を振りまくこともない。でも、紡ぎ出される言葉が鋭くてユーモアがあって面白いんですよね。

 

そんな樹木さんを見ていて思ったのは、「最近こういうタイプの人をテレビであんまり見なくなったなあ」ということでした。私が知っている一昔前のテレビでは、こういう雰囲気の人がもっとたくさん出ていたような気がします。

 

具体的に名前を挙げるなら、立川談志さんとか上岡龍太郎さんはそういうタイプだったと思うんですよね。彼らは基本的に愛想笑いというものをしない。自分なりの理屈があり、自分なりの価値基準があり、何がどうあってもそれを曲げることはない。でも、地に足のついたユーモアのセンスというものがあるので、話している内容はとにかく面白い。野坂昭如さんも山城新伍さんもそういう感じの人でした。

 

いま思うと、昔のテレビは「オジさんが見るもの」だったんでしょうね。だから、オジさんが好むような、愛想はないけど渋い面白さがあるような人がよく出ていた。

 

でも、今のテレビは、ゴールデンを中心に「女性が見るもの」になってきています。だから、女性向けに口当たりをソフトにすることが求められているようなところがあって、愛想の良さ至上主義みたいなものが蔓延しているのではないでしょうか。

 

もちろん、テレビタレントにとって愛想の良さは大事なことだとは思います。しかし、これほど徹底的に、テレビの中の誰もがいつでも構わずニコニコしている、みたいな感じじゃなくてもいいのではないかと思うのです。面白さにもいろいろな種類があるのだから、ピリッとしたところから出てくる面白さもあっていい。

 

樹木希林さんの華々しい活躍を見ていると、今のテレビにはもっとこういう人が出てもいいし、もっとこういう人が求められる番組があってもいいのに、と思います。

オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。