体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レッドブル・エアレース】予選はアメリカ勢のワンツー 3位室屋は尾翼を戻して決勝へ

【レッドブル・エアレース】予選はアメリカ勢のワンツー 3位室屋は尾翼を戻して決勝へ

 レッドブル・エアレース2018第3戦千葉大会の予選は、マイケル・グーリアン選手がトップ。2位にカービー・チャンブリス選手が入り、アメリカ勢のワンツーとなりました。母国3連覇がかかる室屋義秀選手は3位。5月27日の決勝は小さくした垂直尾翼を元に戻し、ラウンド・オブ14で同じ2009年デビュー組のマット・ホール選手を迎えうちます。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 海からの強風に苦しめられた25日とは一転、柔らかい風の吹くセッションとなった26日の予選。風向きもいつもの南ではなく、東(ハイGターン側)からとなりました。風が穏やかな分、タイムが接近して細かなミスが大きく順位に影響しました。

 そんな中、予選トップとなったのは、現在年間ランキングトップのマイケル・グーリアン選手。2回目のタイムアタックで、ただひとり56秒を切る55秒424をマークしました。


 2番手は56秒058でカービー・チャンブリス選手。アメリカ人パイロットがワンツーとなりました。かつてチャンブリス選手と故マンゴールド選手(元アメリカ空軍のF-4ファントム乗り)が交互に年間チャンピオンになる時期がありましたが、その頃を思い出す結果です。

 3位には室屋義秀選手。56秒403のタイムで、昨年同様まずまずの順位につけました。

 第2戦カンヌ大会の覇者マット・ホール選手にミスが出て、ペナルティは受けなかったもののタイムを失って57秒459と予選12位に沈んだため、室屋選手は27日の決勝、ラウンド・オブ14でいきなりホール選手と対戦です。とはいえ、2人の差は1秒未満なので、少しのミスで逆転を許してしまいます。

 このため、室屋選手は勝負に出ることにしました。空気抵抗が小さくなり、スピードが出やすい分、不安定になり操縦が難しい小さな垂直尾翼から、2017年と同じものに戻して戦うことにしたのです。

 また操縦感覚のバランスが崩れるリスクもありますが、より姿勢を安定させる方向にして、ミスを少なくしようという賭けです。

 とはいえ、ペナルティを受けなかった場合のタイムで見れば、マーフィー選手を除く13人が2秒程度の差に収まる僅差の争い。決勝は何が起こるか判りません。

 勝利した2017年と同じ状態に戻す判断が吉と出るか凶と出るか。その結果は、また強く吹きそうな海風だけが知っています。

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

【レッドブル・エアレース】26日フリープラクティス速報・ホールとマクロードがトップ。室屋は8・10位
【レッドブル・エアレース】レースコントロールへようこそ【取材こぼれ話をゆるレポ】
【レッドブル・エアレース】26日朝インタビュー

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。