体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自然を体感できるベルギーのキャビンレンタルサービス「Slow Cabins」が新しい

都会の喧騒を離れ、自然の中でゆっくり過ごしたいという願望を持つ人は少なくないだろう。

静かな環境に身を置くと心身をリラックス。そうした癒しの滞在を提供しているのが、ベルギーのスタートアップが展開する「Slow Cabins」だ。貸し出すキャビンは電気網とつながっておらず、ソーラーパネルで発電するなど、宿泊客は環境に負荷をかけることなく“スローライフ”を体験できる。

・環境への負荷ゼロ

このサービスでは宿泊キャビンを移動させることができ、客は予約後に宿泊地を知らされる。どの宿泊地も牧歌的な風景が広がるところになるのだという。

というのも、このサービスのコンセプトは客に「自然のリズムを感じてほしい」というものだからだ。キャビンにはテレビやWi-Fiなどはなし。電気はソーラー発電し、水は雨水をろ過したものを使う。

・スローフードの提供も

環境への負荷に敏感になって欲しいとの思いから、客室にはディスプレイがあり、滞在中どれくらいエネルギーや水を使ったのかが表示されるようにもなっている。

また、食べ物も“スロー”を意識していて、周辺の農家が生産した旬のものをオーダーすることが可能だ。

キャビンはサイトで予約でき、2人での宿泊は1泊175ユーロ(約2万3000円)〜、ファミリーでの宿泊は185ユーロ(約2万4000円)〜となっている。現在いくつかのキャビンをベルギー内で展開しているが、今後は欧州他国にも拡大する予定とのこと。環境意識が高い、欧州ならではのサービスといえそうだ。

Slow Cabins

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。