体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleレンズを使うとGoogle Playギフトカードのコード適用が楽になる

Google レンズはまだ国内では提供されていませんが、もし使えるようになったときには Google Play ギフトカードのコード適用に役立つと思います。
Google レンズはカメラに映る物体や建物だけでなく、文字も認識できるので、名刺やチラシ、ポスターといった紙媒体の情報をスキャンできます。
これを使えば、コンビニ等で購入した Google Play ギフトカードや iTunes カード、その他のギフトカードのコードをスマートフォンで簡単に適用することができます。
スキャンはカードにカメラをかざし、コード部分をタップするだけです。
文字列をタップするとコンテキストメニューが表示されるので、「コピー」を選択するとクリップボードにデータが貼り付けられます。
あとは Google Play ストアのコード入力画面に貼り付けるだけです。
クーポンコードの文字列は数字とアルファベットの羅列であることが多く、誤認識も多いだろうと思われるかもしれませんが、Google Play ギフトカードの場合、誤認識はたったの 1 文字だけ(「Z」を「2」とよみ間違えた)だけ。
今回の場合だけになりますが、「0」と「O」、「4」と「A」、「8」と「B」の間違いは無かったので、いちいち手入力するよりも、コピペで修正したほうが早く適用できると思います。

■関連記事
Nokia Mobileは5月29日に何かを発表
LineageOS 15.1にリーダーモードやJellyのリーチモードが追加
Google日本語入力に絵文字検索が導入

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。